お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年6月17日

3400 清澤眼科医院通信3400ページに到達

20100628_897717 このブログもおかげさまで3400ページを迎えることが出来ました。神経眼科を得意分野とする当医院には様々な患者さんが来訪されておいでですが、私はブログを書きながら自分を客観的に眺めるという状況で、其処からもメンタルなバランスも確保しております。2000名余りの日々の読者の皆様には、そのお励ましに感謝しております。

 この所、学校からの受診勧告の紙を持った小学生の受診は少し山を越えた印象ですが、医院の引っ越しを控えて職員には慣れない仕事も多く、やや忙しい日が続いています。そんなわけで、職員の疲労も心配で、朝礼では体調管理を呼び掛けています。忙しくなると、真面目に業務をこなしていた組織の重要な鎖の輪に当たる人こそが無理を重ねて、体調を崩しやすいですから、そうなりますと残されたメンバーにも一層負担が増しがちです。

 そこで眼に付いたのが、このレポート。Ann Surgの[米国外科医の「燃え尽き」予防]
(2012年03月09日)です(リンク):「仕事に意義を見出し、ワークライフバランスを重視する医師は燃え尽き率が低かった。」と言うことだそうで、成程と思わぬ訳でもありません。「仕事に意義を見出し」と言うところが重要と思いました。院長も職員も燃え尽きぬようにメンタル的にもバランスの良い生活を続けたいものです。

 映画を見たり、眼科以外の講演を聞いたりするのも、そういう点からも、無駄ではなさそうです。締め切りの近いゲラ原稿の最終チェックもありますが、さて今日はどの映画にしましょうか?
ーーー引用ーーーー

米国外科医の「燃え尽き」予防
2012年03月09日 ソース:Ann Surg

文献:Shanafelt TD.Avoiding Burnout: The Personal Health Habits and Wellness Practices of US Surgeons. Annals of Surgery. POST AUTHOR CORRECTIONS, 1 March 2012.

 米国の外科医7197人を対象に、燃え尽き症候群と生活の質(QOL)に対する医師自身の健康戦略の効果を横断的研究で調査。疾病管理予防センター推奨のエアロビクスやストレッチ実践群、12カ月以内に主治医を受診した群で全般および身体的QOLが高かった。仕事に意義を見出し、ワークライフバランスを重視する医師は燃え尽き率が低かった。

原文(Ann Surg)を読む

Categorised in: 未分類