お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年6月13日

3391 東京臨海部、東部で高濃度放射性セシウム検出の衝撃

71a5dbdbb8d3a5dcae3cf3a54379502d

2012061214_01_1b
いやはや此処まで東京都東部湾岸地域に放射能汚染が進んでいようとは。空中から汚染した煤塵が降下して蓄積したものなのか?それとも荒川の流れにそって運ばれてきたものか? 或いは千葉県湾岸や流山辺りではもっとひどい汚染なのか?

我が医院に近い南砂3丁目でも9000ベクレル、南の新木場や東の荒川沿いの東砂6丁目は24000ベクレルと尋常ではない明らかな汚染です。

この汚染が知られたら東京オリンピックがつぶされるなどと言っていられる場合ではないでしょう。大至急除染を始められるのか?事故直後に職場を放棄して西に向かって東京を離れると言う医療関係者などが非難されましたが、今後もその様な人が出て来てもおかしくはない状況と思われます。

日刊ゲンダイの記事ですが、話の始めは共産党都議団の赤旗記事でしょうか?。

ーーー引用開始ーーー
東京臨海部、東部で高濃度放射性セシウム検出の衝撃 2012年6月12日 掲載
一刻も早い除染が必要 <五輪招致のために見て見ぬフリか>

 東京の臨海部や東部地域の放射性セシウム汚染がヒドイ状況になってきた。日本共産党都議団が5月上旬から今月8日、都内の公園や歩道など38地点で土壌調査や空間線量を測ったところ、葛飾区の「都立水元公園」の土壌から、1キロ当たり25万1000ベクレルの放射性セシウムを検出したのだ。

 これは国の放射性廃棄物処理のセシウム濃度基準(1キロ当たり8000ベクレル)の30倍以上だ。そもそも福島原発事故前は、IAEA(国際原子力機関)の国際基準に基づき、1キロ当たり100ベクレル超の廃棄物は、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込められてきた。以前なら厳重管理された放射能汚染土壌が、子どもが自由に出入りする公園内で見つかったのは衝撃だ。水元公園では、地上1メートルの空間線量も、毎時1.10マイクロシーベルトを測定した。これは国の除染の目安基準(地上1メートルで毎時1マイクロシーベルト以上)を上回る。

 ほかにも、「江戸川区平井3丁目」の都営団地空き地で1キロ当たり5万5000ベクレル、「葛飾区東金町」のポンプ場入り口土壌で1キロ当たり4万9700ベクレル――を検出。国の基準を上回る地点は25地点に上る。

「雨水がたまりやすく、水はけが悪い場所などにセシウムが蓄積し、土壌の汚染が進んでいるようです。つまり、時間が経つほど汚染が進む。都は一刻も早く除染作業や立ち入り禁止などの対応を取るべきですが、何も動かない。議会で追及しても『対応は必要ない』と言い切るから呆れます」(共産党都議団関係者)

 都が「ホットスポット」の除染に消極的なのは、2020年の五輪招致に手を挙げているからだ。

「都が大々的に除染作業に乗り出せば、世界中で『トーキョーで五輪は開けるのか』と大騒ぎになるでしょう。福島原発事故直後、われ先に出国した状況から分かる通り、外国人は日本人以上に放射能汚染に敏感です。まして、選手村建設やカヌー競技などが開かれる臨海部が『放射能汚染』なんて絶対に知られたくない。だから、都議会でどんなに追及されてもシラを切っているのです」(都議会関係者)

 京大の研究グループのシミュレーションだと、雨水で運ばれたセシウムによって東京湾の海底は14年3月に最も汚染が深刻になるという。こんな環境で「東京五輪」開催は絶対ムリ。というより、海外選手が怖がって1人も来日しないだろう。

 日本科学者会議災害問題研究委員会委員の坂巻幸雄氏もこう言っている。
「今なお臨海部や東部地域の広い範囲で、1キロ当たり数万ベクレルという汚染スポットの散在が確かめられた。公衆の被曝(ひばく)線量を極力抑えるという見地から、行政の早急な対応を望んでいます。オリンピック招致に名乗りを上げた東京は、広報で長所・利点をうたうだけではなく、福島原発事故による放射能汚染の実態も包み隠さず示すべきです。それこそがフェアプレーの精神でしょう」

 五輪招致に向けるカネは除染に回すべきだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類