お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年6月4日

3371 金環日食で目に異常、546人…裸眼で観察:という記事です

多くの日食網膜症の患者さんの報告が集まっているようですね。日本眼科学会のホームページに5月21日の金環日食を観察し、目の異常を訴えた患者は35都道府県の546人に上ることが出ています。
ーーーーーーーー
金環日食で目に異常、546人…裸眼で観察
読売新聞 6月4日(月) 配信 0件

 5月21日の金環日食を観察し、目の異常を訴えた患者は35都道府県の546人に上ることが日本眼科学会の調査でわかった。

 同学会が28日時点で調べ、中間報告としてまとめた。

 報告によると、患者は金環日食が見られた太平洋沿岸だけでなく、部分日食が観測された北海道や沖縄なども含め全国にわたり、年齢も2歳から92歳と幅広かった。視力低下や目の痛み、視界がぼやけるなど「日食網膜症」とみられる症状を訴え、3分の2は1日以内に回復した。4分の3の患者は裸眼で観察したという。

 今月6日には金星の太陽面通過もある。日食と異なり、太陽の光はほとんど減らないことから、同学会では「観測には適切な日食メガネを使ってほしい」と呼びかけている。
ーーーーーーーー
清澤のコメント:私のところには大学の主任教授から医局員への通知としてこの調査が行われていることが伝えられてきましたが、一般の開業医の会員にはどの様に伝えられたのでしょうか?報告の仕方を知らされていない日本眼科学会会員も多いと思うのですけれど。

Categorised in: 未分類