お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年5月14日

3315 清澤眼科院通信1018 (2012.5.13) 院内雑感 他

3315 清澤眼科院通信1018 (2012.5.13) 院内雑感 他
管理頁
ーーーーーーー
e67180f0
盲導犬募金も長い間に随分な金額になりました。ご協力に感謝癒しております。

院内雑感:(抜粋です):
●小中学校健診児童の集中などで患者さんにはこの所不都合をおかけし恐縮しています。

506d867e12683c1196df35e38348200e●当医院の診療は以前からお伝えしておりますように原則は予約制です。電話予約では職員が受診目的も伺った上で必要な検査を予測して予約を入れさせて戴いており、今後も電話予約をお勧めします。

受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

予約なしでも可能な限り当日拝見しますが、予め予約されていない視野検査、眼鏡およびコンタクト合わせ等は当日中には出来かねる場合が多々有ります。

●同時進行で5人の検査員が検査を施行します。予約時間に診療が開始されるという意味ではありません。特にその日は待てないという際には受付時に窓口にお伝えください。

小中学生の診療に関して
●院内では視力不良で有ったり、アレルギー性結膜炎で有ったりの治療を勧める紙を小中学校からもらった子供さん方の来院が短期で集中的に増えています。

●初診には実質1時間程度が掛かりますので、学校からの精査指示でご来院の患者さんの受け付けは暫時午後6時までとさせていただきます

使い捨てコンタクトレンズ調整に付きまして
●スナモ内の眼科診療所の閉鎖に伴ってコンタクトレンズ処方希望の新しい患者さんがちらほら見えています。しかし、コンタクトレンズの新規処方は時間のかかるものですし、当医院は”専業(第2種)コンタクト診療所”ではありませんので、眼科診療密度を下げての簡略化したコンタクト処方はご辞退します。

●診療時間の7時は終診予定時間です。既定以外のコンタクトレンズ処方の方は新患の受付終了時間を暫時6時半までとさせていただきます
(この記事の全文にリンク)
ーーーーーーー
3314 八王子の夢美術館のシャノワール展で極初期の映画「月世界旅行」を見てきました。
images
今日は朝から八王子まで行ってきました。第一次世界大戦前のフランスをベルエポック(美しき時代)と呼びますが、その当時モンマルトルに開かれた新しいスタイルのキャバレーがシャ・ノワール(黒い猫)です。そこで上映された影絵劇から始まって、ドビッシー、ゾラ、ロートレックのころのポスターなどが多数展示されていました。

その最後のコーナーで上映されていたのが、次の「映画」で、これはシャノワールで演じられた影絵から発展したと言われるごく初期の映画で、月世界旅行です。ネタはジュールベルヌの1865年と1870年に発表された小説で、かなりの社会風刺が込められています。

八王子は初めて電車から降りてみましたが、きれいで整然とした街でした。学生さんも多く、美術館までの歩道では、地区の各大学の紹介、よさこい踊りや学生プロレスなどの商店街の行事も盛んに行われていました。(この記事全文にリンク
ーーーーーーー

3312 パイオニアがフロント硝子に映る新しいカーナビを発売
まあこういうものが作れるのは予測可能ではありますけれど、このようなものが社会の承認を得ることもなく社会に進出してよいものだろうかと感じます。
まずおじさんには機能が多過ぎてついて行けそうもない。次に勝手に自分の車が後ろの車からターゲットオンにされたら、(それがわからなくても)不愉快だと思う。ストーカーに付きまとわれた様なものだ。と言いましたら、「要するに売れるかどうかと言うだけの話」だと子供がいいました。

ーーーーーーー
250px-JNR233SteamLoco
汽車製造株式会社の回顧写真展を見てきました。(図はかつて汽車会社が作った蒸気機関車、この頃の工場はおそらく錦糸町か)

吸収合併されてそののちに南砂の工場も閉鎖されてしまったという会社の歴史は、なかなか後世には伝わりません。戦前から昭和40年代までは力のあった会社ですが、この汽車製造と言う会社も今は歴史の中にうずもれています。

map38(昔の都電と明治通り、永代通りに囲まれた一角がかつての汽車製造会社の跡地です)
南砂2丁目には巨大な営団住宅が有って、それがかつて汽車製造会社の東京工場が有った場所です。

kishakk01
(今は無き汽車会社東京製造所で新造中の103系の車体。地表転がっているのは溶接用のガスボンベ? 1967-? Photo by 一次休車 とのキャプションのある写真、ネットで見つけました)(記事にリンク

ーーーーー
3310 緑内障で脳細胞減少 早期診断へ応用期待 理研 の記事です

緑内症で視神経およびその先の外側膝状体の神経細胞が損傷されることは古くから疑われていたのですが、理研のグループが猿の実験でそれを示したというニュースが報道されています。
先に東京医科歯科大学と東京都健康長寿研究所のグループで私たちのも同様にPETとMRIを使った臨床実験を行ってその結果を発表していますが、いよいよその先陣争いが白熱化してきました。(記事にリンク

ーーーーーーーーーー
記事を更新するため、多くの記事を数日で削除しています。右コラムから興味を持っていただける記事が有りましたらそれをクリックしてお立ち寄りください。
ーーーーーーーーーー
537411_184460035003937_148770035239604_278609_687779983_n

清澤眼科医院のfacebook登録ができました⇒リンク
facebook初心者にはどうもその使い方がまだよく解かりません。
ーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」
ーーーーーーーー

(家内の犬ブログです)
23438c2e-s

ーーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」
ーーーーーーーーーーー
 患者の気持ちロゴ 

眼科医療に関するご質問は下記の患者の気持ちの質問箱(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。質問が入ると、私が答えるまで次の質問は入りません。このブログの記事に戴いたコメントにも応答しています。
ーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」
ーーーーーーー
砂絵
「眼瞼・片側顔面痙攣友の会会報12号送付のお知らせ」と言う手紙とともに表記の小冊子が送られてきました。

会報の概要:
暗闇から光へ 平田さんーーーP1 
第5回友の会交流会(H23年10月22日)ーーーP2 
第5回交流会アンケートからーーーP3 
相談コーナーから(井上眼科病院看護部長荒川さん)ーーーP5 
ボトックス注射の効果と副作用 井上眼科病院院長 若倉雅登ーーーp6 
薬の副作用による眼瞼けいれんの発症について 清澤眼科医院院長 清澤源弘ーーーp 
第6回交流会アンケートの質問について 清澤眼科医院通信(ブログ)からの転載ーーーp11 
体験談 ホームページから友の会へ 佐藤さんーーーp13 
メイジュ体験記 北條さんーーーp14 
第8期収支報告書ーーーP15
ホームページ委員会より、編集後記ーーーP16 

清澤のコメント:今回も内容の多い良い会報になっています。会報は清澤眼科医院でもしばらくすれば、会員への送付後に残部数を送っていただきますから、直接医院内で受け取っていただくことができます。

7月に”眼瞼痙攣総合専門サイト”を清澤眼科医院の監修で作りました。左カラム最上部からリンクしましたのでご覧ください。
此のサイトも作って早くも一年。昨日はサーバー維持費の請求が来ました。
ーーーーーーーーー
診察圏

最新の患者分布です。2年前のものと基本的には変わってません。患者さんの分布は東が荒川まで、西は明治通りまで、南は公共用地で住宅がありません。その外からの患者さんは職場が近隣に有るのでしょう。

 図のダブルクリックで地図が拡大できます。円は1.3.5キロ圏で、左端に見える東京駅まで約6キロ(地下鉄約12分)です。当医院は患者さんにゆっくり質問していただける体制を作ろうと医師2人制を推進しています。
ーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーーーーー
31
ーーーーーーーーーーーーー
この先の最終改定は(2012.4.15)です。
3128 清澤眼科医院通信963   (2012.3.9)
 ヘッドライン
1、近況:
1)公開医院情報。

2)自前ドメインのホームページ。(リンク)。このブログの各部に繋いでいます。携帯用サイトも始動しました。
新たに法人向けFacebookのページ作成を依頼しました。これが出来ますとブログの新しい記事が自動的に読者に通知されます。お楽しみに(まだ完成してないようです。)

2.予約電話03-5677-3930。ネット予約に⇒リンク

3.清澤の水曜午後は東京医科歯科大学眼科神経眼科外来です。⇒リンク 

4.最近のページビューは一日2500件程度(ユニークユーザーPC1600人+モバイル300人):現在の累計212万件。ブログに眼疾患の記事を書き足して、この数字を見るのが現在の私の主な趣味です。

5.当医への眼科ネット相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズご案内⇒リンク 

7.眼瞼痙攣治療紹介
眼瞼痙攣関連記事(⇒リンク)

8. 病名説明記事検索方法

9.関連記事:迷ったときの医者選び(2008改訂版) 東京

10.当ブログの新テーマ

32

ここからが本文です
—————————————–
3128 清澤眼科医院通信963   (2012.3.9)

136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929
すべては患者さんのためにの額
1 目標;すべては患者さんのために
1-1)一人でも多くの患者さんに利用していただけるよう、自分と職員を励まして居ます。(諸メディアの取材にも協力します、取材のご希望があればお電話ください。)

1-2)近況:
丁寧な診療のための常時医師2人診療体制(一部は医師3人体制)にいたしました。
——————
1-3)

キープティア1

○液状のコラーゲンプラグ(キープティア:違和感も脱落もありません。)と軟質シリコンプラグ(スーパーイーグルプラグ:長期有効)がドライアイ治療に好評。(⇒⇒当ブログ記事リンク

33
1-4)
◎コンタクトレンズ処方は、使い捨てレンズを中心に迅速に行います。
コンタクトレンズは心臓ペースメーカーと同じ高度管理医療機器です。眼科専門医の診療施設での処方を受け、高度管理医療機器取り扱い店でご購入ください。

 自前HP
2-1)医院独自のホームページ運用中。 (リンク)。
 当医院のホームページからブログの各部を連結。

 患者の気持ちロゴ 

眼科医療に関するご質問は下記の患者の気持ちの質問箱(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。質問が入ると、私が答えるまで次の質問は入りません。このブログの記事に戴いたコメントにも応答しています。

2-2)患者の気持ちページ”の眼科質問箱質問箱には様々な質問と答が掲載されます。

ーーーーーーーーーーーーーー
telephone box bus
2-4)当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。予約取得には9:00~19:00の電話が最も簡単です。予約いただくと、当日朝のうちに清澤が検査予定を確認していますから、診療開始後に追加検査の順番を待つ無駄を減らせます。また、当日特にお急ぎの時は、受付窓口に診療開始時にお伝え下さい。可能な範囲で便宜をお図りします。

pc
当医院自慢の夜間でも予約が出来るネット用予約システム⇒リンクも運用中。
ネット診療予約には、日中の時間帯に確認電話を差し上げます。

 初診は問診表に記入して持参されますと、所要時間を短縮できます。(⇒印刷用問診票にリンク:

34
予約変更カルテや予約で不来院のカルテも、当日夕刻にその内容を確認しています。
今後も迅速で笑顔の有る対応を心がけます。

地下鉄
当医院へのアクセス地図(⇒リンク)JR東京駅(地下鉄東西線大手町駅に通路で乗換)から12分の東西線南砂町駅の東3番出口直前の2階です。快速は止まりませんのでご注意下さい。

35
3、清澤の水曜午後は2012年度も東京医科歯科大学臨床教授を拝命し神経眼科外来での診療です。東京医科歯科大学ではコンサルテーション(担当医からの相談対応)のみを担当します。担当医としての継続的診療には南砂町の医院をお訪ねください。

情報公開 1:
2011年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク

2010年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク)

2009年清澤眼科(および医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク)

清澤眼科医院2008年学術の実績のまとめ。(⇒リンク)

情報公開 2:神経眼科外来は、眼科専門医清澤と、内科専門医江本博文医師(東京医科歯科大学眼科所属)、吉岡医師(医科歯科大学神経内科所属)が神経内科側から担当します。その神経眼科外来の最新状況(2011まで)をまとめました。
(2009改定記事です⇒)

情報公開 3:801 当院の眼瞼痙攣患者調査(眼瞼痙攣の患者像 そして眼瞼痙攣治療を成功させる10のコツ)

36

以下が2012年4月以後の医師配置表です。
  午前(9:00-12:30) 午後(3:30-7:00)
月 清澤+赤井        清澤+柏倉
火 清澤+秋山        清澤+(川島1週/女子医交代2,3,4週)
               臨床心理カウンセリング(小野田)
水 小川          (休診)
木 清澤+赤井        清澤+柏倉
金 清澤+秋山+吉岡(神内*) 清澤+柏倉+江本(神眼*)

土 清澤+医科歯科大医師交代

*の意味は:
神眼:神経眼科特殊外来(完全予約のみ)
神内:神経内科特殊外来(完全予約のみ)
臨床心理カウンセリング(完全予約のみ)
ーーーーーーーーー

pet2
◎”緑内障の視神経と視路の変化を調べるプロジェクト”は終了。952緑内障における脳の形態と活動の変化・ご協力いただく方への説明書(緑内障の患者様へ) 図は左が緑内障患者の脳糖代謝、右は正常人の脳糖代謝で、緑内障患者の大脳視覚領活性低下が見えます。

片眼顔面痙攣にジャネッタ手術を受ける患者さんの術前と術後の脳局所糖代謝を調べるプロトコールが始まりました。(本人には無料)

また、網膜色素変性症の患者さんの検査プロジェクトも始まっています。(無料)
ーーーーーーーーー

38

当院は診療所と病院の連携を特に重視しています。ぶどう膜炎、網膜剥離などは東京医科歯科大学(JR御茶ノ水駅前)へ、白内障手術は順天堂東京江東高齢者医療センター(当院近隣)にお願いしています。難しいコンタクトレンズ処方は西葛西井上眼科コンタクトクリニックに繋ぎます。当医師からの紹介患者を特別大事にしてくださる的確な紹介先を複数持っていることが開業医の最大の財産です。病院での治療が一段落したら、当院に戻っていただきましょう。お世話になっているこれらの病院の先生方に心から感謝しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
清澤眼科
ホスピタジャパンという病院紹介サイトに当医院紹介の新ページができました。構成を工夫して”患者の気持ち”のサイトにもリンクしてもらって、当院への予約や質問が出来る様にして有ります。
(⇒リンク)お試しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランジションズ
トランジションズ ヘルシーサイト コンソーシアム(⇒リンク)にも眼科医の社会活動として参加中です。このページには、”眩しさから目を守る”といった興味深いテーマのニュースレターも載っています。

39
4、当ブログは、一日閲覧数で2500-3000件、一日訪問者数でも1600-1900人に達しました。恐縮ですが未受診者からの電話医療相談や個別医師推薦依頼には対応できません。お困りの方も保険診療として一度は受診し、当医のセカンドオピニオンや適切な専門医への紹介をお求めください。
 当医の専門は神経眼科ですが、長年の経験と人脈を生かして、眼科に関する相談を各疾患万遍無くお受けします。

5、眼科の医学的相談には、”患者の気持ち”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問を歓迎します。恐縮ですが、質問箱の答は、多くの方々に共有していただきます。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス

○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。丁寧で迅速な診療での処方を心がけます。販売は新砂コンタクトレンズです。

ワンデー・バイオメディックスEV2200円、ワンデー・アキビューモイスト2700円、オーツー・オプティクス2500円、などが廉価でお勧め品です。デファインも扱っています⇒価格表

新砂コンタクトレンズ
o2
一人でも多くの患者さんと出会いたい。開業した7年前以来、オーツーオプティクス店頭価格は税込2500円を続けています。これは通販最安値組より遙かに安く、販売各店が求める送料やカード手数料等もなしです。新砂コンタクトレンズ価格表にリンク 意外に販売数量が伸びているのがワンデー・バイオメディックスEV2200円。シンプルで廉価、眼科医院ルートでしか販売されてないのが人気の理由です。
ーーーーーーーーーーーーーー
AOセプトクリアケア
新砂コンタクトレンズでAOセプト・クリアケア1本1260円(消毒用ディスポカップ付き)(キャンペーン価格)

santerutakkusu◎サンテ・ルタックス20という黄斑疾患を対象とし、ルテインを高配合した参天製薬のサプリメント(3150円)も取扱中。こちにも試供品があります。

ボト

7、 眼瞼痙攣の治療について

40
当医院のボトックス投与予定:希望者が増えましたので、毎月曜、毎火曜、毎木曜、毎金曜(各々午前と午後)そして毎土曜(午前のみ)としました。再初診とも電話でボトックス治療希望とおっしゃってご予約ください。水曜(院長不在日)にはボトックスは施療できません。

8、 ◎病名説明記事の検索○検索方法 
1)直接Googleに<清澤眼科、xxx>と病名のxxxを入れ換えてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。

9、関連記事:
000
迷ったときの医者選び(2008改訂版) 東京⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び”、改訂版でも名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介していただきました。
ーーーーーーーーーー
図6
藤野貞先生の影響を受けた東京医科歯科大学の神経眼科外来に縁のあるメンバーで、改訂第3版を作りました。各自が用意した原稿を江本博文が中心となって文型を整え、文献も更新し、藤野先生以来の統一性のある本ができました
アマゾンへリンク) 
この記事の全文にリンク

ーーーーーーーーーー
眼瞼痙攣表紙
改版した”目がしょぼしょぼしたら、眼瞼けいれん?片側顔面けいれん?正しい理解と最新の治療法”が出版されました此処に紹介されています(⇒リンク)。一般の患者さん向けの本ですが、本格的な疾患と治療法の解説を追加改版しました。片側眼瞼痙攣の記載も充実させ、”治療を成功させる10のコツ”を追加するなど8ページの内容増加となっています。尚、amazon等で購入できますが、ご希望の方は医院までお知らせ下さい。
ーーーーーーーーーーー
今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

Categorised in: 未分類