お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年5月7日

3298 PC、スマホ、テレビなどデジタル機器で酷使する「眼」にかかる必要経費は?:という記事でした

眼鏡コンタクトレンズ
ネットに面白いデータが出ていました。データの読み取り方には問題が感じられます。これはレーシック近視矯正手術への隠れ提灯記事ではありませぬか?

データ1:総額費用は裸眼91,000円・眼鏡405,000円・コンタクト1,540,500円は期間が長いので相当額ではありますが、一生ですからね。レーシック近視矯正なら10万円も出せば何事もなくそれだけの支出で済むなんて考えてはいないでしょうね?

データ2:視力が悪いとやっぱり苦労する!?
眼鏡の場合は視力低下61.8%、眼の疲れ57.5%、眼の乾燥32.1%ほか。一日使い捨てコンタクトレンズの場合なら眼の乾燥60.6%、眼の疲れ57.5%、視力低下49.7%だそうで、確かに50%を超える数値は問題の多発を反映しているか?とは感じられます。が、レーシック手術のすべてが問題なく終われるなんて思ってないでしょうね。

データ3:視力回復手術「レーシック」
手術してみたいが具体的には考えていない33.2%、必要ない24.2%、良く解からない19.4%、手術したくない17.8%というデータのどこから「多くの人は興味アリ!」などと言う結論が読み取れるのか?。むしろ問題は満足した人の2.6%に対する不満あり(後悔している)の人の0.6%の頻度の高さ(この値が本当なら5人に1人ですよ!)とはお思いになりませんか?それがレーシック難民でしょう。手術を受けた人の比率が全回答者の3%と言う所は多いと見るか少ないと見るか?ではありますが。

ーーー記事の引用(出典)ーーーーーーーー
PC、スマホ、テレビなどデジタル機器で酷使する「眼」にかかる必要経費は?

ふだんから、目を酷使する長時間のパソコン作業に加え、スマホとにらめっこするような機会が増えてくると、目への負担が当然、大きくなる。皆さん、しっかりアイケアをしてますか?

■眼鏡やコンタクトによる金銭的負担や自覚症状は気になるが……目にとって本当に恐ろしいのは「不摂生な食生活」だった!

 仕事中にふと目の疲れや乾きを感じることはないだろうか? 日本眼科学会によると、現在日本で「ドライアイ」にかかっている人は800万人とかなり多い。その原因となるのは長時間のパソコン作業やエアコンによる乾燥など、ビジネスマンのデスクワークによくある要素ばかりなのだ。

また目が悪くて眼鏡やコンタクトレンズを使っている人も多いと思うが、それらにかかる費用も長い人生で考えると、けっこう大きな金額になる。その具体的な金額を編集部が独自にシミュレーションした。その結果はData1のとおり。

やはり一番高いのはコンタクトレンズで、眼鏡と比べてもかなりの差だ。さらに、最近の眼鏡業界は均一価格が売りの激安店も急増中で、若い世代を中心に低予算で眼鏡を作る人は増えている。そう考えると、この先眼鏡の平均購入価格はもっと下がってくるはずだ。

 またData2によると、眼鏡の人は「視力低下」、コンタクトレンズの人は「眼の乾燥」をそれぞれ6割以上が自覚していることが判明。健康な目に対する期待からか、視力回復手術「レーシック」の関心も高い(Data3)。

【Data1】15歳から男性平均寿命79歳までシミュレーション裸眼・眼鏡・コンタクトの総額費用を大比較!!

裸眼:総額81000円
眼鏡派:総額405000円
コンタクト派:1450500円

眼鏡作成頻度:2年に一度=25.1%, 3年に一回24.1%、 4年以上購入しない38.5%
老眼の自覚:40代=16.2% 50台=51.8% 60歳以上=63.8%
眼鏡の購入単価平均 27000円
一日交換使い捨てコンタクト費用 月当たり3025円 年当り36300円

【Data2】視力が悪いとやっぱり苦労する!?視力低下や乾き目……トラブル多発!

眼鏡の場合
視力低下61.8%、眼の疲れ57.5%、眼の乾燥32.1%、眼の痒み25.0%、視界の霞み21.3%、目の充血20.6%

一日使い捨てコンタクトレンズの場合
眼の乾燥60.6%、眼の疲れ57.5%、視力低下49.7%、眼の痒み40.6%、目の充血32.6%、眼のゴロつき29.1%、眼やに25.1%、視界の霞み22.3%、

【Data3】視力回復手術「レーシック」多くの人は興味アリ!
レーシックに付いてどう考えますか?
手術してみたいが具体的には考えていない 33.2%
必要ない 24.2%
良く解からない 19.4%
手術したくない 17.8%
既に手術して満足 2.6%
既に手術して不満 0.6%
これから手術予定 0.2%

■体の健康は目の健康に直結?
 実際、眼鏡とコンタクトレンズをしている人はいろいろな自覚症状が多いようが……。実際に、失明の可能性もある「白内障」や「緑内障」といった怖い病気になるリスクは高まるのだろうか? 日本眼科学会の常任理事を務める筑波大学大学院の大鹿哲郎教授に話を伺ってみたところ「眼鏡とコンタクトレンズ装着は、白内障や緑内障になる原因と一切関係ありません」とキッパリ! そもそも白内障や緑内障の原因となるのは、先天性要素を除くと「老化」だという。「老化の大きな原因は〝活性酸素〟ですが、取り除くには適度な運動とビタミンCやEの摂取が効果的。健康を維持し若さを保つことが大切です」(大鹿教授)

 なるほど。では緑内障や白内障に限らず、DIME世代が目の健康を維持するためには、どんなことを心がけたら良いのだろうか?「怖いのは30代から発病する糖尿病。悪化すると失明の危険もあるので、暴飲暴食は控えましょう。また長時間のパソコン作業はドライアイの原因になるので、なるべくモニターを目線より下に置いたほうがいい。目線が上だと目は乾燥しやすくなります」(大鹿教授)

 目の健康のためにはビタミンCやEを摂るように心掛け、パソコンを使う時はその高さに注意する。さらに、自分の目を一生使うためにも暴飲暴食は避けるべし。目にもいいしお金も節約できて、一挙両得!?

■出典
Data1 編集部調べ、マイボイスコム調べ、ヒューマ調べ

Data2、3 ヒューマ調べ 2010年6月

Categorised in: 未分類