お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年3月23日

3167 切り餅の特許訴訟での判決は賠償金が8億円ですと

TKY201109080003

新潟県の餅メーカー2社の間で争われていた切りもちの表面に切り込みを入れる特許に関する訴訟で、包装餅で売り上げトップの「サトウの切り餅」に入れられた切り込みが特許権を侵害しているとして、知財高裁は製造差し止めと約8億円の損害賠償などを命じ、さらに仮執行も認めた。これは両社に重大な結果を招来するでしょうし、今後は日本でも知財に関する訴訟社会に突入しそうな予感がしてきました。

ーーーニュースの引用ーーーーー
「サトウの切り餅」製造差し止め=越後製菓が勝訴、賠償8億円-知財高裁
 包装餅で売り上げトップの「サトウの切り餅」に入れられた切り込みが特許権を侵害しているとして、業界2位の越後製菓(新潟県長岡市)がサトウ食品工業(新潟市)を相手に、製造差し止めと59億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、知財高裁であった。飯村敏明裁判長は請求を棄却した一審東京地裁判決を取り消し、製造差し止めと約8億円の損害賠償などを命じた。仮執行も認めた。
 知財高裁は昨年9月の中間判決で、特許権侵害を事実上認める判断を示しており、引き続き製造差し止めの範囲や賠償額を審理していた。
 越後製菓は切り餅の側面に切り込みを入れ、焼くときれいに膨らむ技術で特許を取得。サトウ食品工業は側面に加え、上下面に十字の切り込みを入れた商品を販売していた。(2012/03/22-18:00)
ーーー引用終了ーーー

Categorised in: 未分類