お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年3月3日

3110:道交法違反:犬を膝の上に乗せて運転した容疑で逮捕

道交法違反:犬を膝の上に乗せて運転した容疑で逮捕
2012年3月3日 19時49分 更新:3月3日 22時30分

アルフ~1
アメリカではホールドアップを避けるために助手席に比較的大きな犬を乗せているタクシー運転手を見かけましたが、トイプードルを膝に乗せて走るというのは視界を遮るからではなくて、気が散って危ないからという理由で極めて危険な行為であるとは思います。ふつうは犬をケージから出しては車はうごかしません。
ーーーー

Shannon_Rocket_poodle_Car-492x347

 小型犬のトイプードルを膝の上に乗せて運転していたとして、山口県警周南署は3日、同県周南市の自営業の男(53)を道路交通法違反(乗車積載方法違反)容疑で現行犯逮捕した。署によると、男は「助手席に乗せていた」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、同日午前11時35分ごろ、同市の県道で、愛犬のトイプードル(体長50センチ、高さ40センチ)を抱きかかえるように膝の上に乗せ、視野などを妨げた状態で軽乗用車を運転したとしている。

imagesCA1G5TC3 交差点で右折しようとした巡回中のパトカーが対向してきた車とすれ違った後に追尾し停車させた。周南署は「運転免許証を提示せず、逃走の恐れがあったため逮捕した」と話している。

 道交法では、運転者の視野やハンドル操作を妨げるなど安全確認が十分できないような運転を禁止している。【丹下友紀子】
ーーーーーーー
清澤のコメント:
ふつうは犬を膝に乗せて運転したとしても、せいぜいが注意で、逮捕まではゆかないでしょう。逮捕の是非はともかく、免許を提示しないとか、「お上に楯突く行為が眼に余る」としての逮捕だったのでしょう。

jKC(ジャパンケネルクラブ)のドッグショーでは基本的に標準とされる犬の形というものがあって、ブリーダーはそのサイズに合った犬の繁殖を目指します。そこでは、トイプードルの大きさはこんなに大きくはなくて、この事件の犬のサイズはミディアムプードルでは?と思います。つまり、体高が28センチを超えるとトイプードルの仲間には入れてもらえないので、それを超えないことが重要です。

スタンダード・プードルは体高 45㎝以上、体重 15㎏以上     
ミディアム・プードルなら体高 45cm以下、体重 15㎏以下          
ミニチュア・プードルは体高 38cm以下、体重  9㎏以下で、       
トイ・プードルは体高 28㎝以下、体重 3.8㎏以下です。
このほかに業者間での呼称で    
タイニー・プードル(JKCでは認定されていません)は体高 23㎝以下で体重 2.7㎏以下
さらに、ティーカップ(JKCでは認定されていません)は体高 18㎝以下、体重 1.8㎏以下だそうです。

(⇒トイプードルサクラに日記にリンク)

Categorised in: 未分類