お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年12月15日

2898 牛の肝臓内にO157 厚労省調査で初確認:だそうです

牛の肝臓内にO157が存在することが厚労省の調査で初めて確認されたので、今後は食品として生の牛レバーを供することが禁止される可能性が出てきたという事のようです。

これは胆管から逆行性に消化管内に存在する細菌が肝臓内にまで生きた状態で入り込んでいる場合が少なからず存在するということでしょうか?焼き肉恵比寿が生の筋をミンチ状にして供するユッケで食中毒とさらには死者まで出した事故の問題とは別な話題なわけですね。

ーーーー記事の引用ーーーーー

牛の肝臓内にO157 厚労省調査で初確認 生レバー禁止の可能性
共同通信社 12月15日(木) 配信

 厚生労働省の調査で、牛の肝臓の内部から腸管出血性大腸菌O157が初めて確認されたことが15日、分かった。

 厚労省は生レバーの提供を禁止するかどうか検討しているが、O157による食中毒は死亡の危険もある上、肝臓内の菌を死滅させるには十分な加熱が必要で、提供禁止となる可能性が高まった。同省は20日の薬事・食品衛生審議会の部会に調査結果を報告する。

 厚労省などによると夏以降、全国16自治体の食肉衛生検査所などで調査。約150頭の牛のうち2頭の肝臓の内部から生きている状態のO157が見つかった。遺伝子検査でも、複数の牛の肝臓内に腸管出血性大腸菌が存在していたことが確認された。

 牛の肝臓内からはこれまでO157に比べて毒性が低い食中毒の原因菌カンピロバクターが見つかっていたほか、肝臓の表面にO157が付着しているのが確認されたケースはあった。このため厚労省は「レバ刺し」など牛の肝臓の生食に注意を呼びかけていた。

 ことし焼き肉店での集団食中毒が発生し、厚労省は生食用牛肉とともに生レバーの安全性についてもあらためて検討を開始。都道府県を通じて7月、牛の生レバーの提供自粛を飲食店などに要請した。しかし、現在でも提供を続ける店がある。

 生食用牛肉については10月、肉の表面加熱を義務付ける新基準が施行された。表面を削り取る「トリミング」をして、内側の火が通っていない部分を提供する方式だが、O157が内部で確認された肝臓の場合、同様の処理をしても食中毒のリスクが残るとみられる。
ーーーー引用終了ーーーー

Categorised in: 未分類