お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年12月8日

2879:偽金塊売った中国人逮捕:だそうです。

images
自称とは言え金を売りに来た人物の名前が「黄金水石」と言うのからして諸に詐欺事件。「建設現場で古いつぼを掘り当てた。つぼの中には金塊と小さな金の仏像などが入っていた。買ってほしい」と言うのも如何にも如何にも詐欺のパターンでしょう。騙すやつが悪いのは当然ですが、それに騙されるというのも随分と欲の皮が突っ張っていたのでしょう。実に解りやすい事件ですね。

—–記事の引用———-
愛知県警、偽金塊売った中国人3人逮捕 
2011年12月7日 13時32分

 中国製の偽の金塊を売って現金をだまし取ったとして、愛知県警国際捜査課と中村署などは7日、詐欺の疑いで、いずれも中国籍の男3人を逮捕、送検したと発表した。

 2006年以降、同様の事件が全国で30件以上あり、被害総額は1億7千万円に上る。被害者の大半は在日中国人だった。県警は、3人のほかにも複数の中国人が関与したとみて調べる。

 逮捕されたのは、住所不定、自称会社役員黄金水石(ホアンジンショイシ)(43)、同鐘秀哲(ジョンシィウジョ)(39)、自称さいたま市南区、無職黄年髪(ホアンニエンファ)(40)の3容疑者。

 逮捕容疑では今年6月、愛知県豊田市の男性会社員(49)宅を訪問し「建設現場で古いつぼを掘り当てた。つぼの中には金元宝(きんげんぽう)(金塊)と小金(しょうきん)仏像(小さな金の仏像)などが入っていた。2千万円で買ってほしい」と言い、偽の金塊など115個を買い取らせ、現金500万円をだまし取ったとされる。男性に、本物の金のかけらを預けて鑑定させた後、犯行に及んでいたという。黄金水石容疑者以外は「覚えがない」と容疑を否認している。

 3人は短期就労ビザで入国。偽金塊は真ちゅうに金色の塗装をしたとみられ、中国から仕入れていた。県警は、容疑者らが国内の在日中国人情報を元に、組織的に犯行を繰り返したとみている。

(中日新聞)
——

Categorised in: 未分類