お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年11月23日

2832 落語家の立川談志さん死去…75歳


生意気で何様のつもりか?と思うことも多かったですが、一世代を築いた落語家でした。

この落語の枕で師匠は、「てめーの考えたギャグで客が笑ってくれないと不安でしょうがないから、しゃべり続けている」と言っています。けだし名言。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

続きです。
ーーー新しいニュースですーーーー
落語家の立川談志さん死去…75歳

. 奔放な芸風で絶大な人気を誇った落語家で元参議院議員の立川談志(たてかわ・だんし、本名・松岡克由=まつおか・かつよし)さんが、21日午後2時24分、東京都内の病院で、喉頭がんのため亡くなった。75歳だった。告別式は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く。喪主は妻、則子(のりこ)さん。

 1936年、東京都生まれ。52年に五代目柳家小さんさんに入門。63年に五代目立川談志を襲名して真打ちに昇進した。小ゑんを名乗った二ツ目時代から頭角を現し、切れ味のある啖呵(たんか)と痛烈な毒舌でファンを増やした。同年代の先代三遊亭円楽さんや古今亭志ん朝さん、先代春風亭柳朝さんとともに「寄席四天王」と呼ばれて活躍。66年開始の日本テレビ系の演芸番組「笑点」で初代司会者を務め、テレビやラジオ、映画の世界でも売れっ子になった。

 71年には参議院全国区に無所属で立候補して当選。自民党に入党し、沖縄開発庁政務次官も務めた。

 83年には、弟子の真打ち昇進問題をきっかけに一門とともに落語協会を脱退。「立川流家元」として一派を率い、志の輔さん、談春さんらの人気落語家を育てた。

 97年に食道がんを公表。手術して高座に復帰したが、09年8月末に体調不良から休養を発表。10年4月に再度復帰を果たしたものの、今年3月6日、川崎市での一門会での「蜘蛛駕籠(くもかご)」を最後に活動を休止。入退院を繰り返しながら闘病を続けていた。

(2011年11月23日17時03分 読売新聞)
ーーー引用終了ーーーーー
清澤の追記:
 この記事に対し、立川談志はとんでもない我儘者だ。という投稿もありました。
自分が次官を務める沖縄に二日酔いで現れ、またその弁明をするべき委員会をけってというのもその一端です。また「98年12月には、長野・飯田市内で開いた独演会中に居眠りしていた男性会社役員を見つけ、「やってられない」と控室に戻り高座が中断。「金を払ったからいいだろう」とする男性を主催者側が退場させ、訴訟問題に発展する“事件”もあった。観客のマナーの悪さから中断するケースはほかにもあった。」ということではあるのですが。この落語の枕の部分を聞くと成程、それまでに繊細で臆病だったのか、ということが分かります。芸人や職人に稀にのみ存在する、ある種の鬼才であったことはまちがいないでしょう。

Categorised in: 未分類