お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年11月15日

2806 茶のしずく石鹸で重症のアレルギー発症者が多数というニュースです

昨日あたりから「茶のしずく石鹸」で重症のアレルギー発症者が多数発生という記事が出ているのですが、これはどうもお茶の成分に対するアレルギーではなくて、小麦アレルギーだということのようなのですが、小麦のアレルギーがそんなに大勢にいきなり出るものなのでしょうか?なんだかわけのわからないニュースですけれど?

ちょっと調べてみますと、加水分解コムギ末(水解小麦末)を配合した商品で、加水分解コムギ末(水解小麦末)に由来すると思われる小麦アレルギーとなり、その後に、小麦含有食品(うどん、パンなど)を摂取して運動した際に息苦しさやじんましんなどのアレルギー症状(運動誘発性アレルギー)を起こすケースがあるという話のようです。

もう少し説明しますと、 石鹸や洗顔剤などの化粧品には、泡立ちをよくしたり保湿の目的で小麦加水分解物(加水分解コムギ末)が配合されているものがあったそうなのですが、これを長く使用し続けると、皮膚などからこの小麦加水分解物が吸収されるうちに、鼻水、目の周りのかゆみ、息苦しさ、じんましん、しっしんなどのアレルギー症状を起こしたり、まれに(といっても67例というのは尋常じゃない)これが感作となり、小麦を含む食物を摂取して運動をした後に即時型アレルギー症状(小麦依存性運動誘発アナフィラキシー)をおこすというもので、専門医の間では懸念が広がっていたということのようです。(この説明にリンク

このせっけんが強いいアジュバントであるということなのでしょうか???

ーーーー記事の引用ーーーーー
アレルギー重症者66人と報告 茶のしずく石鹸

 「茶のしずく石鹸」(国民生活センター提供)
 福岡県のせっけん製造販売会社「悠香」が通信販売した「茶のしずく石鹸」の旧製品の使用者に小麦アレルギーの発症が相次いだ問題で、発症者は計471人に上り、うち緊急搬送や入院が必要な重症者が66人だったと厚生労働省に同社が報告したことが15日までに分かった。

 厚労省によると、中には意識不明に陥った人もいたという。66人のうち6人は因果関係を否定できないと専門家が評価した。

 茶のしずく石鹸の旧製品は計約4650万個販売され、同社は今年5月20日から自主回収している。厚労省は、旧製品を持っている人は使わずに自主回収に応じるよう呼び掛けている。

2011/11/15 12:21 【共同通信】
ーーーー引用終了ーーーーー

ーーー会社の公示ーーーー
旧 茶のしずく石鹸(昨年12月7日以前販売分)をお持ちのお客様へ

日頃より弊社商品をご愛用頂きまして誠にありがとうございます。
さて、茶のしずく石鹸のうち、昨年12月7日以前に販売しておりました加水分解コムギ末(水解小麦末)を配合した商品(以下、旧商品)につきまして、加水分解コムギ末(水解小麦末)に由来すると思われる小麦アレルギーとなり、その後に、小麦含有食品(うどん、パンなど)を摂取して運動した際に息苦しさやじんましんなどのアレルギー症状(運動誘発性アレルギー)を起こしたと考えられる例があるとの報告が医療機関よりなされています。運動誘発性アレルギーは、小麦食品でも発生しますし、発生頻度は非常に低いものと考えられていますが、旧商品をお持ちのお客様におかれましては、念のため、旧商品を使わないようにお願いします。加水分解コムギ末(水解小麦末)を含まない新商品と交換または返品対応させて頂きます。
また、旧商品を使用していた方で、小麦食品摂取後に息苦しくなるなどの運動誘発性アレルギーを経験した場合には、速やかに医師にご相談ください。小麦アレルギーに関する情報センター。旧商品を使用した時に鼻水、目の周りのかゆみ、息苦しさ、じんましん、しっしんなどのアレルギー症状が現れたことのある方は注意してください。なお、知人や同僚の方などと共同で購入されている場合は、共同購入された方にも上記の情報をお伝えください。
つきましては、お客様窓口(0120 – 11 – 22 – 66)までお気軽にご連絡ください。
ーーー引用終了ーーー

Categorised in: 未分類