お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年11月3日

2771 文化の日らしい「恋文大賞」の話です。

文化の日らしい「恋文大賞」の話です。
ーーーーーーー
恋文大賞、津波で不明の夫へ手紙 京都で授賞式

 震災で行方不明になった夫への思いをつづった手紙で「恋文大賞」を受賞した宮城県気仙沼市の菅原文子さん=3日午後、京都市内
 「あなたは私と手を取り合った瞬間 波にのまれ私の目の前から消えました」

 京都市の和洋紙販売会社柿本商事が企画する「恋文大賞」の授賞式が3日、同市内で開かれ、約9千通の中から、東日本大震災で津波にのまれ行方不明になった夫への思いをつづった宮城県気仙沼市の菅原文子さん(62)らに大賞が贈られた。

 菅原さんは夫の豊和さん(62)に宛てた「あなたへ」と題した手紙で「何も感じることができず声を上げて泣くことすらもできずにおります」と震災から続く苦しみを吐露。

 授賞式で菅原さんは「今日は結婚記念日で、主人も喜んでいると思います」と述べた。
ーーーーーーーーーーーー
京都柿本のホームページからこの作品およびその他の作品を読むことが出来ます。
菅原さんの作品のPDFに⇒リンク

Categorised in: 未分類