お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年11月2日

2762 睡眠薬、3種処方6% 厚労省「依存注意を」のニュースです

内科医など一般の医師が向精神薬を処方する場面はこのところ増えていると思います。精神科の医師が忙しすぎるからか、あるいは製薬会社が向精神薬の販売を推奨するためかその原因は解りません。

そのような情勢の中で、「病院などで睡眠薬を処方された人のうち、3種類以上の睡眠薬を処方された割合が6.1%だったことが1日、厚生労働省研究班の調査で分かった」と言う記事が出ています。

 私も扱うことの多い眼瞼痙攣患者には、睡眠薬等に関連した薬剤性眼瞼痙攣(遅発性ジスキネジア)の患者さんも多く見られ、無視しがたい記事ですので、このブログにも引用し採録しておきます。

ーーーー記事の引用ーーーーー
睡眠薬、3種処方6% 厚労省「依存注意を」
2011/11/2 2:15

 2009年に病院などで睡眠薬を処方された人のうち、3種類以上の睡眠薬を処方された割合が6.1%だったことが1日、厚生労働省研究班の調査で分かった。抗不安薬で3種類以上処方されたケースは1.9%だった。同省は睡眠薬と抗不安薬について、3種類以上の処方は薬物依存の可能性などを十分考慮するよう医療機関や患者に注意を呼びかけている。

 調査は健康保険組合加入者とその家族の診療報酬データ約33万件から、05~09年の各4~6月に睡眠薬、抗不安薬などの向精神薬を処方された件数をそれぞれ抽出して分析した。

 睡眠薬を3種類以上処方されたのは09年が6.1%。05~08年は6.0~6.5%で推移し、ほぼ横ばいだった。3種類以上処方された抗不安薬の割合は09年が1.9%で、05年の2.4%から毎年減少傾向が続いた。

 睡眠薬に含まれる成分(フルニトラゼパム)が1日当たりの換算で目安(2ミリグラム)を超えていた割合は09年で13.6%。同様に換算した抗不安薬の成分(ジアゼパム)では、4.2%が目安(15ミリグラム)を上回った。

 このほか、09年に抗うつ薬で3種類以上処方されたのは8.9%、統合失調症患者に投与する抗精神病薬の3種類以上の処方は8.5%だった。
ーーー引用終了ーーー

Categorised in: 未分類