お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年10月26日

2736 目の症状をチェックしてみましょう(東京都眼科医会パンフレット再録)

(社)東京都眼科医会、(社)日本視能訓練士会が子供の目の症状をチェックしてみましょうと言う小さなパンフレットを作りました。東京都眼科医会から見本が配布されましたので再録致します。御参考までにご覧ください。(版権は上記の団体のものです。)

ーーーー図と本文の引用開始ーーー
目のチェックシート1

目の症状をチェックしてみましょう 
 下記に書かれている時期はあくまで参考です。発達には個人差があり特に乳幼児期はその差も大きいものです。目の異常を見逃さないためにも日々の観察が大切です。確認はお子さんの機嫌の良い時に行なって下さい。
※『はい』に○がある場合は早めに眼科を受診しましょう。

0ヶ月~
目が白く見えたり、黄緑色に光って見えることがありますか?[はい・いいえ]
目がゆれることがありますか?[はい・いいえ]

3・4ヵ月~
フラッシュをたいて正面の顔写真を撮ってみてください。

※ライトをあてても確認できます。
・フラッシュの反射が瞳のまん中に映るはずです(図①)
・反射が内側に寄り過ぎたり(図②)
・外側にずれたり(図③)
・上側や下側にずれて(図④)いますか?

※片目が内側に寄っているように見える時は、目と目の間をつまんで観察してください。

目のチェックシート2

年齢にかかわらずチェックしましょう
片目の前にそっと手をかざしてみてください。片方ずつ試してください。片方だけ嫌がって顔をそむけたりしますか? [はい・いいえ]

1歳~
テレビや本に極端に近づいて見ますか?[はい・いいえ]
片目をつぶったり、まぶしがったりすることがありますか?[はい・いいえ]
頭を傾けたり、横目づかいでものをみることがありますか?[はい・いいえ]

2歳~
本など近くのものを見る時、目が内側に寄ることがありますか?[はい・いいえ]

3歳~  3歳児健康診査を必ず受けましょう。

目を細めて物を見たりしませんか?[はい・いいえ]
視線が合わず、どこをみているかわからないことがありますか?[はい・いいえ]

目のチェックシート3
視覚の発達
赤ちゃんはうまれてすぐから大人と同じようにはっきり見えているわけではありません。成長と共に2つの“見る機能”【視力・両眼視】が発達してきます。

視力
生まれたばかりの赤ちゃんは視線も定まらず、とてもぼんやりと見ています。それが見ることを続けるうちに、次第に見えるようになり、誰であるかが分かり、笑っているなどの表情まで判別できるようになります。

両眼視
生後2カ月頃から目の位置が安定することで、ピントを合わせて物を見ることや、近くの物を見るときに目を内に寄せる動きや、動くものをスムーズに追いかける目の動きが発達してきます。これにより左右の目を同時に使う機能が動き、遠近感や立体感が分かるようになります。

視覚の発達する時期【視覚感受性期】は限られています。
生後3ヶ月~6ヶ月ぐらいまでに急激に発達し、8歳くらいまで緩やかに発達していきます。成長する過程で何らかの問題が生じ正常に発達できないと、見る機能に影響を及ぼす可能性があります。問題を残したままにして視覚感受性期をすぎてしまうと、年齢が大きくなってから治療を始めても手遅れになってしまうことがあります。
ーーー引用終了ーーー
清澤のコメント:大変参考になるページだと思います。気になることが有りましたら、眼科医にご相談ください。

Categorised in: 未分類