お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年10月6日

2670 働かないアリに意義がある:を購入

働かない
働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書) 長谷川 英祐 (著)
最近話題の本です。丸善で手にし購入しました。
ーーーーーーーー
内容紹介
女王バチのために黙々と働く働きバチや、列を成して大きな荷物を運ぶアリたちに共感を覚えた経験は誰にもあるはず。しかし実際に観察すると、アリもハチもその7割はボーッとしており、約1割は一生働かないことがわかってきた。また、働かないアリがいるからこそ、組織が存続していけるというのである!これらを「発見」した著者による本書は、アリやハチなどの集団社会の研究から動物行動学と進化生物学の最新知見を紹介。人間が思わず身につまされてしまうエピソードを中心に、楽しみながら最新生物学がわかる科学読み物である。生命の不思議に感動すると共に、読後には社会・会社・家族などへの考え方が少しだけ変わる、ラクになる。

内容(「BOOK」データベースより)
7割は休んでいて、1割は一生働かない。巣から追い出されるハチ、敵前逃亡する兵隊アリなど「ダメな虫」がもたらす意外な効果。身につまされる最新生物学。

新書: 189ページ
出版社: メディアファクトリー (2010/12/21)
言語 日本語
ISBN-10: 4840136610
ISBN-13: 978-4840136617
発売日: 2010/12/21

目次

序章 ヒトの社会、ムシの社会
第1章 7割のアリは休んでる
第2章 働かないアリはなぜ存在するのか?
第3章 なんで他人のために働くの?
第4章 自分がよければ
第5章 「群れ」か「個」か、それが問題だ
終章 その進化はなんのため?

Categorised in: 未分類