お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2011年9月24日

2630 破片落下の衛星、24日3時半に中部上空を通過

不要になった米国の衛星が今朝から明日午前中に地球上に落下するという話題が流れています。流れ星状態になれば数分で燃え尽きるそうですが150kg程度の残渣が地上に到達する見込みだとか。
今までこれほどまでに具体的な警告が出されたことはなかった気がします。図は文部省のフェイスブックに公表された軌道図です。
ーーーーーーーーーー
300969_275447612480329_208566032501821_991641_729061537_n
破片落下の衛星、24日3時半に中部上空を通過

. 文部科学省は23日、寿命で地球に落下しつつある米国の大気観測衛星(UARS)について、大気圏に再突入するとみられる日本時間の24日未明から午前にかけて、衛星が日本付近の上空を通過する可能性は3回との試算結果を公表した。

 同省によると、米航空宇宙局(NASA)の情報を基に宇宙航空研究開発機構が衛星の軌道を計算したところ、24日午前2時に北方領土付近、同3時半に愛知、岐阜、福井県など中部地方付近、同5時に沖縄本島の南側の上空を通過すると見込まれているという。

 この際、高度が下がった衛星が大気圏に突入すれば、数分で破片が地表に到達する可能性がある。NASAによると、人に破片が当たる確率は3200分の1で、特定の1人に当たる確率は20兆分の1以下になるとしている。

 UARSの落下について、同省は、フェイスブック上のホームページ(http://www.facebook.com/mextjapan)で、最新情報を提供している。

(2011年9月23日21時15分 読売新聞)
ーーーーーーー

Categorised in: 未分類