お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2011年9月22日

2625 もめていた日大光が丘病院の後継運営団体が決まったらしい。

CA3C0002
日経メディカルの記事を見ますと、近頃もめていた日大光が丘病院の後継運営団体が決まったそうです。国民健康保険の窮迫もあって今後の各科の医療費の設定も厳しくなりそうな世相です。その中で中規模以上の公的な色合いの強い病院では赤字からの脱却が出来ず、この日大光が丘病院からも日本大学の撤退が検討されていました。

 地域医療振興協会が後継法人に選ばれたそうで、地域医療振興協会が常勤の小児科医15人、産科医5人を確保し、練馬光が丘病院と同じ水準の小児科・産科医療を確保する意向を示したというのは良いのですが、光が丘病院においても十分な医師・看護師が本当に確保できるのか危惧されるというのも本当かもしれません。

ーーーーー記事を引用ーーーーーーーー
2011. 9. 19

「存続を求める区民の会」は従来の高度医療の維持に懸念示す
日大練馬光が丘病院の後継は地域医療振興協会
豊川 琢=日経メディカル

 練馬区は9月16日、区議会の医療・高齢者等特別委員会を開催し、日大が来年3月末での運営撤退を表明している練馬光が丘病院(一般病床342床)の後継法人として、公益社団法人地域医療振興協会を選定したことを公表した(関連記事:2011.9.8「日大が練馬の病院から撤退」)。区は今後、病院引き継ぎに関する協議会を設置して詳細を詰めていく方針だ。

 同病院は1991年の開設以来、一貫して支出超過が続いて2010年度の累積損失は90億円弱に達していたことから、日大本部が「この状態が続けば学校法人自体の存続も危うくなる」(広報課)と考えて撤退を表明していた。これを受けて練馬区は8月1日に後継法人の公募を開始。4法人が応募したが、運営方針などをまとめた提案書を提出する段階で2法人に絞られていた。その後、医療関係者や有識者で構成される選定委員会が2回にわたって審査した。

 その結果、(1)多数の自治体病院の運営を受託している、(2)運営を担っている東京北社会保険病院の分娩や救急受け入れの件数が練馬光が丘病院と同水準である、(3)小児・周産期医療を継続するために必要な医師数が提示されている―といった理由から、地域医療振興協会が後継法人に選ばれた。ただし、撤退の意思や引き継ぎ時の協力について、区が日大に確認することを求める付帯意見も付された。

 選定委員会の付帯意見を受けて区は9月14日に日大本部と直接話し合い、撤退方針に変更はないこと、現在の患者について責任を持って支援することなどを確認したという。最終的に区長の志村豊志郎氏が後継法人を決定した。

 16日の医療・高齢者等特別委員会では、地域医療振興協会が常勤の小児科医15人、産科医5人を確保し、練馬光が丘病院と同じ水準の小児科・産科医療を確保する意向であることが示された。

十分な医師・看護師を確保できるのか危惧
 練馬区が後継法人を選定したのを受けて同日、「日大光が丘病院の存続を求める区民の会」は会見を開き、地域医療振興協会の運営で従来の医療水準を維持できるのか懸念を示した(関連記事:2011.9.9「撤退表明の日大練馬光が丘病院、地域住民が日大の継続運営求める」)。

 その理由として、(1)同協会はへき地医療を中心とした地域医療の振興のために設立された法人で、日大が提供してきた高度医療の実施は本来的な役割に沿ったものとは言いがたい、(2)ここ数年間で急激に運営医療機関を増やしているほか、来年4月から新たに浦安市川医療センターや三重県立志摩病院などの運営を開始する予定で、その状況下で光が丘病院においても十分な医師・看護師が本当に確保できるのか危惧される、(3)実際に、スタッフ確保がままならず医療機能の後退が深刻になっている運営病院がある―などを挙げた。

 さらに、練馬区が一度も住民説明会を開いておらず、今回の後継法人選定の詳細ないきさつも明らかにしていないことへの不満も示した。同会は引き続き日大による運営継続を求め、同大に撤退方針を白紙に戻すよう要求していく考えだ。
ーーーーー記事の引用終了ーーーーーーーー

Categorised in: 未分類