お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2011年9月11日

2594 陸前高田の一本松の樹勢がまた弱まってしまったのだそうです

(2011/09/11)matsu0911
一本松の樹勢また弱まる 陸前高田、新芽が変色

清澤のコメント:清澤眼科医院でもTシャツの販売でその存続運動に協力した高田松原に唯一残った一本松なのですが、岩手日報の記事によればその樹勢はますます衰えてしまっているそうです。(以前のT-シャツの記事にリンク)実生は生えてくるのでしょうし、クローン苗も培養中と聞きますが、親木を何とか残してやりたいものです。

ーーー記事の引用ーーー
   陸前高田市の高田松原で生き残った「一本松」の再生に取り組む日本緑化センターなどは10日、樹勢が再び衰弱に陥ったと発表した。

 7月の調査で確認した新芽を4日に再度観察したところ、新芽の多くが変色し、球果(松ぼっくり)も緑色をとどめているものは少ないことが分かった。夏の気温上昇や降雨量の少なさが影響したとみている。

 一本松は被災直後、葉が茶色に変色し、樹勢の衰えが心配された。同センターなどは、10月上旬までに根の活力などを再調査し、樹勢の見通しを検討するとしている。

【写真=衰弱している様子が観察された高田松原の一本松=陸前高田市】
ーーーー引用終了ーーー

Categorised in: 未分類