お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2011年9月8日

2579 目のかゆみ、原因はイネ科の花粉?

岐阜県西部で原因のはっきりしない目のかゆみを訴える生徒が急増したという話題が注目されています。一部の報道では稲の花粉という疑いが出ていますが、果たしてそうであるかどうか?また周辺に広がったり、その地域でさらに増えないかが心配されます。
test1
イネ科ということはオオアワガエリ(イネ科):ヨーロッパから古くより輸入され、涼しい高原に良く見られる。スキー場のゲレンデにも利用される。などを考えるのでしょうか?

ーーー朝日新聞の記事 引用ーーーー

目のかゆみ、原因はイネ科の花粉?
2011年09月07日

 多数の子どもたちが目のかゆみを訴えたため、県教育委員会が西濃の児童や生徒たちを調査したところ、約1800人に同じような症状がみられた。原因は特定されていないが、「イネ科の花粉アレルギー」の可能性があるという。
 2日に大垣市や養老町の公立小中学校などで768人が、目のかゆみやじんましんなどの症状が出たことを受け、県教委があらためて調査した。対象は西濃11市町の公立の小中や幼稚園、県立高に通う計約4万5千人。そのうち症状があったのは1824人で、重症者はいないという。県教委によると、イネ科の花粉アレルギーと診断された生徒や、同様の見解を示した校医がいたという。
 県保健医療課は「アレルギーが原因の一つと考えられる。連続して原因と接触しているのだろう」とみている。今後、児童や生徒を診療した医療機関の医師に聞き取り調査をしていく。
 2日に300人が症状を訴えた大垣市立西部中の山本学教頭は「イネが原因なのか分からないが、近くに水田は多く、白い穂が出ていた」と話す。大垣市民病院では、2日午後4時半ごろ、小学生21人が訪れ、急性結膜炎と診断された。
 県農産園芸課によると、西濃地域は穀倉地帯で、2010年は県全体の3分の1にあたる8727ヘクタールが作付けされた。8月末~9月初めはハツシモの出穂期で花粉が飛ぶという。
 担当者は「花粉が台風で巻き上げられたことも考えられるが、出穂期と台風が重なることはこれまでもあった。集団で広範囲に発症するというのは聞いたことがない」と首をかしげる。(増田勇介)
ーーーーーーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類