お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年8月28日

2556 運転士「眼鏡ない」で新幹線停止 線路上で派遣要員と交代:という記事です。

untitled
運転士「眼鏡ない」で新幹線停止 線路上で派遣要員と交代
 28日午後8時14分ごろ、東京発博多行きの山陽新幹線のぞみ53号の男性運転士(48)が、運転中に自分の眼鏡がないことに気づき、東京指令所に連絡した。列車は岡山駅の手前で緊急停止した。

 JR西日本によると、運転士は新大阪駅から乗務。指令所は、岡山駅にいた別の運転士を交代要員として上りの新幹線で派遣し、すれ違う地点でいったん停止して線路上で交代させた。のぞみ53号は約45分遅れで運転を再開した。

 同社によると、新幹線の運転免許は視力によって眼鏡の着用を義務づけているが、この運転士の免許の条件は調査中という。
ーーーーーーーーーー
眼科医清澤のコメント:これは今日の眼のニュースです。メガネが見つからぬと報告を受けてしまったら列車運行制御のセンターとしては停車させざるを得ないのでしょうが、なんともはや。今まで無数の運転士が列車を運行してきたはずですが、従来線でも新幹線でも今までにこのようなことはなかったのでしょうか?それともこれがJRで初めての事件だったのでしょうか?新大阪から岡山近くまで来ているわけですから、床にでもおとしていたのでしょうか?ちょっと考えられない事故ですが。これで、この運転士はずいぶん叱られてしまうのでしょうね。
列車を止めて、運転士を逆の線路から乗り移らせるというのも停電などの時のニュースでは聞いたことがありましたが、緊急時で45分以内に完遂するにしてはずいぶんな高等技術ですね。
驚きました。

Categorised in: 未分類