お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年8月28日

2553 恐慌の足音が聞こえませんか?

恐慌の足音が聞こえませんか?
imagesCA0IKGD0
バーナンキ率いる米連銀はもう打つ手を持っていない。オバマも打つ手を持ってはいない、昨今の米国の株や債券の相場は、社債やジャンク債による資金に支えられているが、その資金も急減した。

 バンクオブアメリカ(バンカメ)は、米国の著名投資家ウォーレン・バフェットの買支えが必要な程の危機で、このバンカメから次の金融危機が起きる懸念もある。9月になると、米金融界には再び荒れた感じが増しそうだ。

と、田中宇の国際ニュース解説(http://tanakanews.com/)は解説しています

ーーーーーー要点はーーーーーーーー

middle_1311908017
 米連銀のバーナンキ議長の8月26日講演に、市場関係者は追加の金融緩和策(QE3)の発動を期待した。しかし、バーナンキはその発動を示唆しなかった。が、依然として期待が市場に残った。

 連銀は、もう打つ手を持っていない。金利はゼロまで下げて久しく、これ以上は下げられない。連銀はこの3年間、債券を買い支えすぎて、QE3の実行も困難だ。オバマも打つ手を持たず、口だけにならざるを得ない。

 昨今の米国の株や債券の相場は、社債やジャンク債によって支えられている。効果は、米連銀のてこ入れ策より大きいかもしれない。しかし最近は米企業が発行するジャンク債に対する需要も急減している。

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェットが、バンクオブアメリカ(バンカメ)の危機を沈静化するため、50億ドルをバンカメ株に投資すると発表した。バンカメは、買い支えが必要なほど危機になっており、このバンカメから次の金融危機が起きる懸念がある。

夏休みが終わって9月になると、米金融界は再び荒れた感じが増しそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類