お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2011年8月27日

2550 グーグルに罰金380億円 違法薬の広告で、米司法省

images
グーグルに罰金380億円 違法薬の広告で、米司法省

清澤のコメント:こんな記事が流れていました。カナダで規制されては居ないが、米国で違法な薬剤をカナダから直輸入するのを助けたということで、罰金になったようです。ネット広告の会社には何なら宣伝して良いかということを考えて受注せよという注意を促す意味がありそうです。

自分が以前経験したことですが、日本でもクリックで支払いをするネット広告では、薬剤名などでは登録できないような自主規制がかかっているようです。

このケースは、違法薬を個人輸入させる薬販売店とわかっていて載せさせたことが重く咎められたようですね。
ーーー引用ーーー

2011年8月25日 提供:共同通信社

 【ニューヨーク共同】米司法省は24日、米インターネット検索大手グーグルが、カナダの違法な医薬品の広告掲載を許したとして、過去最大規模となる罰金5億ドル(約380億円)を支払うことで和解したと発表した。

 司法省によると、グーグルは2003年~09年にカナダの複数のオンライン薬局の広告を掲載し、違法な処方薬の米国への輸入につながった。

 処方薬の米国への輸入は、米食品医薬品局(FDA)が安全性を確認できないと違法になる。カナダから米国へ輸出する処方薬は、カナダ当局の規制対象になっていないという。

 罰金額は薬局からグーグルが受け取った収入と、薬局が米国への販売で得た売り上げから算出したもので、司法省によると、米国では過去最大規模。

 グーグルは5月、和解に備えて、5億ドルを引き当て計上していた。
ーーーーー引用終了ーーーー

Categorised in: 未分類