お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年8月26日

2547 モーツアルトの音楽は緑内障患者の視野測定の信頼性を高めるか?

2547 モーツアルトの音楽は緑内障患者の視野測定の信頼性を高めるか?
images

Published online before print August 9, 2011, Invest. Ophthalmol. Vis. Sci. August 9, 2011 iovs.11-7430 (眼科ではインパクトファクターがトップの雑誌です)

目的: この研究の目的は、緑内障患者でのハンフリー視野検査(HVF)の信頼性に対するモーツアルト音楽の効果を調べること。以前の研究では、正常人を対象としてハンフリー視野の信頼性がモーツアルトの音楽を流すことで向上することが示されています。

022
方法: 緑内障の患者160人を3つのグループに無作為に分けました:

1)音楽群:ヘッドホンでハンフリー視野測定の前10分から音楽を聞かせて検査をしました。曲はモーツアルトの2台のピアノのためのソナタです。
2)無音群:ノイズをキャンセルするヘッドホンを使用して音を遮りました。
3)コントロール群:
上記の条件で各被検者で両眼のハンフリー視野を測定しました。 そして、テストの信頼性を各グループについて固定不良、擬陽性、擬陰性を調べました。

結果: 固視不良の頻度は3つのグループで有意差がありませんでした(右眼p=0.30、左眼p=0.24)。また、擬陽性(右眼p=0.82、左眼p=0.18)も擬陰性の比率にも有意の違いはありませんでした(右目p=0.91、左眼p=0.97)。 (以下省略)

結論: モーツアルトの音楽を聞かせて緑内障の患者で視野を測っても、固定不良の頻度、擬陽性、擬陰性の比率は変化しませんでした。

清澤のコメント;そうですか、視野の検査は退屈で寂しかったり、単調で眠くなったりするのですが、ただ背景に音楽を流してやっただけでは眠気も取れず、集中もさせられないということですね。(本気でこの話題を取り上げるなら結果の後半も自分で訳してくださいね。)

Categorised in: 未分類