お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年8月20日

2534 恐慌がいよいよ近づいているって言う感じではないでしょうか

恐慌がいよいよ近づいているって言う感じではないでしょうか

昨日19日の東京株式市場では日経平均株価が一時、前日より208円80銭安い8734円96銭まで下落。アジア市場の株価指数も軒並み下がり、一時、韓国では5%超、豪州では3%超の急落になった。

今、20日土曜の朝5時ですけれど、欧州株式市場でも独価指数は前日比3%下落。フランスやスペインなど主要国の株価指数も軒並み下落。欧州の債務問題を巡る先行き不透明感も米株式相場の重荷になっているらしい。

最後のNY株も続落、先進国の景気減速懸念 HPは一時21%急落  2011/8/19 23:04 19日の米株式相場は売り先行で開始。先進国を中心に景気減速懸念が強まっており、幅広い銘柄に売りが優勢。ダウ平均構成銘柄のパソコン世界最大手ヒューレット・パッカードが急落していることも指数を押し下げている。という事だそうで

円は75円台突入=戦後最高値更新-欧米の景気懸念で・NY市場 というニュースも数時間前に出ています。

 要点としては、19日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、欧米の景気に対する根強い懸念を背景に安全資産として円が買われ、戦後初めて1ドル=75円台に突入し、東日本大震災直後の3月17日に付けた76円25銭の戦後最高値を更新。世界景気の悪化懸念が高まる中で急激な円高が進むことで、日本の輸出企業にさらなる打撃を与え、日本経済を下押しする恐れが強まった。

 8月5日に米国債の格付けが引き下げられて以降、金融市場は不安定な状況。米国では景気の二番底に陥る可能性が色濃くなった。またユーロ圏の債務危機にも歯止めはかからず、危機が米国の金融システムに波及するリスクが投資家の間で意識され始めた。(2011/08/20-01:45)

 そこで、金の現物価格も上昇の一途。8月19日の小売価格は1グラムあたり4778円。今年1月(平均価格3649円)と比べると1129円の上昇。1980年10月15日(4555円)以来の高い水準というのだが。ドル建ての金が騰がり、円も高いということは、金を前から持っていた人が勝ちだったということか?。今から買いに行ってももう遅いのかもしれないが。

東京、ロンドン、ニューヨーク、そしてまた東京と限り無く繋がっているのですけれど。今日からは土日で動きは一休みするのでしょうか?。サウジアラビアではキリスト教ではないので土日が休みにならぬそうですから、その間の世界の思いはそこからも伺えるのかもしれませんね。NY500ドルとか、東京300円とか聞くと大暴落で恐慌と聞こえますが、世の中はそう一方に動くのではなくてぞろぞろと動いてゆくのでしょう。

しかし、いくら消去法で円が買われると言っても、日本の経済運営が世界のそれよりもましとは思えないのだけれど。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
閑話休題:
新丸ビルに「高野山カフェ」 仏教音楽ライブも
2011/8/20 1:18  南海電気鉄道は高野山真言宗の総本山である金剛峯寺(和歌山県高野町)と組んで、新丸の内ビル内でイベント「高野山カフェ」を開く。9月1~11日の期間限定で、9店舗で精進料理を提供するほか、僧侶の指導を受け写経も体験できる。観光地としての高野山の魅力もアピールし、現地へのアクセス手段である南海電鉄の集客増につなげる。

 お経に旋律をつけた仏教音楽である「声明」のライブを実施するほか、仏像や般若心経に関する講座も開く。真言宗の開祖である空海や仏像について、サラリーマンや女性を中心に関心を持つ人は多い。写経体験は夜11時までで、仕事帰りにも立ち寄れるという。

ということだそうですが、ちょっと帰宅時にでも寄ってみたい様なお話。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類