お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年7月24日

2665 眼科診療アップデートセミナー2011 印象記 2b 結膜下出血 ぶどう膜

眼科診療アップデートセミナー2011 印象記 2b
hyposphagma図の出典)
●結膜下出血の謎 大橋裕一 先生
後発部位で瞼裂間型65%と瞼縁型(35%)とを分ける
発生は夜に多い
球結膜弛緩と関連
瞼間型:瞬目時に球結膜と上強膜の間にずれを生じて発生する、
瞼縁出血:閉瞼時に押し出される、輪部の反回枝がずれる
ブリンク アソシエイテッド ディスオーダーと呼ぼうと。

清澤の感想:よくここまで話を追い詰めたものと感心しました。

imagesCA8EGRL0
●ぶどう膜炎 最近の話題  大黒伸行 先生
眼炎症疾患の臨床は転換期にある
1)マルチプルPCR:東京医科歯科大学 杉田先生のシステム (医科歯科が褒められると鼻が高い)
2)27ゲージ硝子体生検
3)脈絡膜画像診断(やや長波長でOCT)
4)抗体治療の使い分け  リツキサン(抗CD20抗体)

清澤の感想:マルチプルPCR:東京医科歯科大学 杉田先生のシステムで医科歯科が褒められると鼻が高いと感じた。今後もこのシステムを有効に使わせてもらおう。

Categorised in: 未分類