お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年7月18日

2445 外直筋後転手術後の眼表面の変化 という最新の論文のご紹介

眼表面の外直筋後転手術の後の変化
Jeon S, Park SH, Choi JS, Shin SY;
眼科の手術とレーザ 1-6(2011年7月)
79926-81307-1844274-1971955
(図は別のページhttp://emedicine.medscape.com/article/1844274-overviewからの内直筋後転の絵です。)

背景と目的: 斜視の手術の後での眼表面と涙腺における変化を評価するのがこの論文の目的です。

患者と実験の方法: 著者は、結膜円蓋部に切開を置く直筋の後転手術を受ける23人の患者を集めました。 手術前1週間と手術後の1、2、3、および4カ月めの時点で、McMonniesのドライアイ質問票、角膜のフルオレセイン染色結果、角膜と結膜での知覚計による知覚感度、そして涙液層破壊時間、シルマー1法での涙液分泌評価をテストしました。そして、結膜細胞の検査(圧迫して取った細胞の検査)も行われました。結膜の細胞検査は下耳側と上耳側の眼球結膜で実行されました、そして、杯細胞密度(GCD)が計算されました。

結果: McMonniesのドライアイアンケートスコアは手術の後には(術前7日と1、2、および3カ月でP<.05)有意に増加していました。そして、4カ月後にはに基線に戻りました。角膜染色の一時的増加も観測されましたが、それは基線まで手術2カ月後には戻りました。涙液層破壊時間は、手術後1週間では減少していて、その後徐々に回復しましたが、標準には術後4カ月でも戻りませんでした。 手術後2カ月まで、下耳側領域の杯細胞密度(GCD)も有意に減少していました。 結論: 涙液層の不安定性は杯細胞密度(GCD)減少から生じています。結膜の感度低下は斜視手術の後の眼球刺激感の原因の1つであるかもしれません。眼表面パラメタは術後4カ月で基線に戻りました。 ーーーーー 清澤のコメント:斜視の手術の後、多少の充血やドライアイがあることは想像されますがそれを実際に調べて報告した研究です。約4週間で術前の状態に戻ると言っています。 Ocular Surface Changes After Lateral Rectus Muscle Recession; Jeon S, Park SH, Choi JS, Shin SY; Ophthalmic Surgery and Lasers 1-6 (Jul 2011) BACKGROUND AND OBJECTIVE: To evaluate the changes in the integrated ocular surface/lacrimal gland unit after strabismus surgery. PATIENTS AND METHODS:The authors prospectively studied 23 patients undergoing lateral rectus muscle recession via fornix incision. At 1 week preoperatively and 1, 2, 3, and 4 months postoperatively, McMonnies' dry eye questionnaire, corneal fluorescein staining, corneal and conjunctival sensitivity with an esthesiometer, tear film break-up time, Schirmer I test, and impression cytology were performed. Impression cytology was performed in the inferotemporal and superotemporal bulbar conjunctiva and the goblet cell density (GCD) was measured. RESULTS:McMonnies' dry eye questionnaire scores increased significantly after surgery (P<.05 at 7 days and 1, 2, and 3 months) and returned to baseline at 4 months postoperatively. A temporary increase in corneal staining was observed, but it returned to baseline by 2 months. The tear film break-up time score was decreased at 1 week postoperatively and recovered slowly, but did not return to normal by 4 months. GCD in the inferotemporal area was significantly decreased until 2 months postoperatively. CONCLUSION:Tear film instability resulted from GCD depletion and conjunctival sensitivity could be one of the causative factors of ocular irritation symptoms after strabismus surgery. The ocular surface parameters returned to baseline at 4 months postoperatively. 実際の斜視手術はこのような処置が行われます。これもユーチューブの動画です。が、かなりリアルなので見慣れぬ方にはお勧めしません。 斜視の手術では強く働きすぎている直筋をはずして後方に緩めてやるのが基本です。小児なら全身麻酔で行います。穿孔しないように糸をかけるのが大切です。

Categorised in: 未分類