お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年7月8日

2417 石巻市立病院にドーム型診療所新設 石川県の有志寄贈

石巻市立病院にドーム型診療所新設 石川県の有志寄贈 
(河北新報2011年07月05日火曜日) ”今日の眼の話題”
20110705006jd

寄贈された完成間近のドーム型診療所

 震災で大きな被害を受けた石巻市立病院(南浜町、260床)が同市日和が丘に開設した仮設診療所に4日、石川県の金沢泉丘高(金沢市)の同窓会などがドーム型診療所を寄贈した。7月中旬に眼科の診療室や待合室として利用を始める。

 寄贈したのは同校同窓会のほか、ジャパンドームハウス社(石川県)、金沢工大(同)など。同校OBで1級建築士の堀誠さん(横浜市)ら3人が、劣悪な医療環境を改善しようと同窓会などに働き掛け、石川県の医療支援先の石巻市への寄贈が実現した。

 ドーム型診療所は発泡ポリスチレン製で、1棟が直径7メートル、高さ3.2メートル、床面積36平方メートル。2棟続きで、仮設診療所が入る旧市教委事務局棟の敷地内に建設した。

 現地で引き渡し式があり、同窓会の清水義博会長が亀山紘石巻市長に目録を手渡し「健康で初めて生きる力が出てくる。小さな力だが、支援を続けたい」と激励した。亀山市長は「勇気づけられた。ありがたいし、面白い建物だ」と喜んだ。

 内科など14科あった市立病院は震災で診療できなくなった。4月に開設した仮設診療所は7科で外来診療のみ。眼科は問診で対応してきたが、ドーム移転後は眼圧測定などの医療機器を置く。

2011年07月05日火曜日
ーーーーーーーーー
清澤のコメント:石巻で最大の病院は石巻赤十字病院。石巻市立病院は海辺に有って、やや小規模な病院です。津波の被害を甚大に受けた病院で、ほとんどの機能を失ったと聞いていました。

その眼科が復活するのですね。建物はどこかで見たような形で、エスキモーの氷の家のようです。プレハブ的には有り得る形ですが、値段や耐用年数、それに換気も気になるところですね。(その情報はこちらでリンク)

ドーム1つ10パーツで300万円くらいのようですよ。アイデアとしては素晴らしいと思いますが、自分の家をこの奇妙な建物にするかと言われたら?市場からなくならないでなんとか存続してくれることを願います。

今回の寄付は丁度会社側からの宣伝としても、時季を得たものであると言えそうです。

Categorised in: 未分類