お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年6月23日

2372 試験の成績が悪かった子供をけなしてはいけません (ピグマリオン効果のお話)

試験の成績が悪かった子供をけなしてはいけません。

Pygmalion_and_Galatea_(Normand)
子供の試験の成績が悪かったりしますと、親はつい不満を口にしたくなるものではありますが、決してそのようなことをしてはいけないというお話です。

教師が生徒に期待を抱くと一定期間後の成績は高いものが得られる(ピグマリオン効果)という法則があり、逆に教師が生徒に期待を持たなければその生徒の成績は低いものに終わる(ゴーレム効果)というお話だそうです

ーーーーーーーーーーー
burne-jones_pygmalionピグマリオン効果

出典: (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考に

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。なお、教師が期待しないことによって学習者の成績が下がることはゴーレム効果と呼ばれる。

ピグマリオン効果は、別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。なお批判者は心理学用語でのバイアスである実験者効果(じっけんしゃこうか)の一種とする。

概要;ピグマリオン効果については、人間は期待された通りに成果を出す傾向があることの現れとされ、1964年にアメリカ合衆国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって実験された。 ピグマリオンという名称は、ギリシャ神話を収録した古代ローマのオウィディウス『変身物語』(”Metamorphosen”、訳に『転身物語』とも)第10巻に登場するピュグマリオン王の恋焦がれた女性の彫像が、その願いに応えたアプロディテ神の力で人間化したと言う伝説に由来する。

動物におけるピグマリオン効果;1963年ローゼンタールとフォードが大学で心理学の実験で、学生たちにネズミを使った迷路実験をさせるのに、ネズミを渡す際に、これはよく訓練された利巧な系統のネズミ、これはまったくのろまなネズミといって渡したところ、その二つのグループの間で実験結果に差異が見られた。前者のネズミを渡された学生たちは、ネズミを丁寧に扱い、後者のネズミを渡された学生たちは非常にぞんざいに扱い、その両者のネズミへの期待度の違いが実験結果に反映されたものとローゼンタールは考えた。そこで、これは教師と学生の間でもありうるのではないかと考えた。

人間におけるピグマリオン効果;1964年春、教育現場での実験として、サンフランシスコの小学校で、ハーバード式突発性学習能力予測テストと名づけた普通の知能テストを行ない、学級担任には、今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査であると説明した。しかし、実際のところ検査には何の意味もなく、実験施行者は、検査の結果と関係なく無作為に選ばれた児童の名簿を学級担任に見せて、この名簿に記載されている児童が、今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だと伝えた。その後、学級担任は、子供達の成績が向上するという期待を込めて、その子供達を見ていたが、確かに成績が向上していった。報告論文の主張では成績が向上した原因としては、学級担任が子供達に対して、期待のこもった眼差しを向けたこと。さらに、子供達も期待されていることを意識するため、成績が向上していったと主張されている。この詳細がまとめられた報告書は、Rosenthal, R. & Jacobson, L.:”Pygmalion in the classroom”,Holt, Rinehart & Winston 1968として刊行された。
ーーーーーーー
清澤のコメント:
さてこういうことであれば、教師ではない親としましても、子供がとんでもない点を取って来たときでも「おまえはバカだ」などとは決して言わず、「きっと今度はできるから頑張ろうね、期待しているよ。」と声をかけてやらねばなりますまい。

Categorised in: 未分類