お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年6月8日

2333 原発の事故処理に最大20兆円”という記事が出ています。

少しずつですが福島第一原発の廃炉についての話が聞こえ始めたような気がします。

日経BPの発信するケンプラッツ建築住宅に“原発の事故処理に最大20兆円”という記事が出ています。 2011/06/03

原発から半径20km内の土地の買い上げ費用が4兆3000億円、
住民への10年間の所得補償額が        6300億円、
原発の廃炉費用が         7400億円から15兆円、
ですか。原発の廃炉費用が膨大なのですね。

ーー記事の概要ーーー

 福島第一原子力発電所の事故処理には、10年間で5兆7000億円から20兆円を要する――。5月31日に開かれた内閣府の原子力委員会で提示の試算結果。

 原発から半径20km内の土地の買い上げ費用が4兆3000億円、住民への10年間の所得補償額が6300億円、原発の廃炉費用が7400億円から15兆円。

 警戒区域で立ち入り禁止となった半径20km内の土地を、政府が最終的に買い上げなければならない可能性が高いと分析。当該市町村の公示地価を基に買い上げ費用をはじいた。

 所得補償は半径20km内からの避難者に限定。福島県の平均給与から推計した。汚染された水や土壌の処理費のほか、20km圏外や福島県以外の農林水産業への被害は考慮していない

 不確定要素の多い廃炉費用は、米スリーマイル島原発と旧ソ連のチェルノブイリ原発の事故を参考に試算した。

 原子炉から燃料棒を取り出して処理したスリーマイル島原発と同じ方法だと、廃炉費用は10年間で6兆円弱。

 原子炉をコンクリート製の「石棺」で覆ったチェルノブイリ原発の処理方法を採用すると、20兆円を要することになる。チェルノブイリ原発の事故処理には10年以上かかった。

 政府が東日本大震災の被害額を16兆~25兆円と発表したのは3月23日のこと。試算の対象としたのは、北海道と青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の7道県にある民間企業の設備や道路などの直接的な被害だ。原発事故による被害は含まれていなかった。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類