お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年5月26日

2297 世界記憶遺産:山本作兵衛の作「筑豊炭坑画」国内初登録に

世界記憶遺産:山本作兵衛の作「筑豊炭坑画」国内初登録に

20110526k0000e040002000p_size5
山本作兵衛(当時73歳)=1965年、橋本正勝さん撮影 

日本ユネスコ国内委員会事務局に25日入った連絡によると、福岡県・筑豊の炭坑労働の様子などを独特の手法で表現した画家、山本作兵衛(1892~1984年)の原画や日記などが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「メモリー・オブ・ザ・ワールド」(MOW、通称・世界記憶遺産)に登録されることが決まった。日本の歴史資料のMOW登録は初めて。

 山本作兵衛は福岡県笠松村(現・飯塚市)出身。14歳から筑豊各地の炭鉱で働いた経験を基に「子孫にヤマ(炭鉱)の生活や人情を伝えたい」と64歳から炭鉱労働者の日常を墨や水彩で描いた。余白に解説文を添える手法で1000点以上の作品を残し、うち約600点は福岡県有形民俗文化財に指定されている。

 申請していたのは、遺族が田川市石炭・歴史博物館などに寄贈するなどした1914~84年ごろの作品589点と日記・メモ類108点。狭い坑道で採炭するふんどし姿の男女やガス爆発の惨状、長屋での子供の遊びなど、当時の暮らしを克明に伝えている。

 田川市は当初「九州・山口の近代化産業遺産群」の一環として旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓(たてこうやぐら)などの世界遺産登録を目指していた。09年10月、審査で外れたが、関連資料として提出した作兵衛作品を海外の専門家らが絶賛。同市は昨年3月、MOW事務局に日本で初めて申請した。【荒木俊雄】

 ◇世界記憶遺産◇
 文書や絵画、音楽、映画など歴史的資料の保護を目的に92年、ユネスコが創設。政府申請に限る世界遺産と違い、自治体や個人でも申請可能(1カ国2件まで)で、真正性や希少性などを審査し隔年で選ぶ。フランス人権宣言(1789年)やベートーベン第9交響曲の草稿(1824年)などが登録されている。

毎日新聞 2011年5月26日 1時11分(最終更新 5月26日 9時06分)
ーーーーーーーーーーー

20100803-790800-1-Nこのニュースにはこんな皮肉な見方もあります
ーーーーーーーーーーー
記憶遺産、文科省置いてけぼり 「様子見」中に先越され2011年5月26日15時58分

 炭鉱記録画家山本作兵衛(1892~1984)の絵画や日記など計697点が、福岡県田川市などの申請でユネスコの世界記憶遺産に国内で初めて登録されることが決まった。今月になって藤原道長の「御堂関白記」などの申請を決めた文部科学省は、自治体に先を越された形となり、波紋が広がっている。

 記憶遺産は1992年にユネスコが始めた制度。文科省は2004年ごろ、国宝などの中から推薦を検討したが、文化庁側から「国宝の順位付けにつながるのは良くない」との慎重論が出て、選定を見送った。

 ある政府高官は「文化庁は文化財を価値付けし、秩序を作ってきた。それを荒らされたくないという意識が出た」と指摘する。
ーーーーーーーーーー
清澤のコメント:
歴史が変わるところを見た個人の記録で、その数も半端ではない。文章も付いていて、そこについては異論もあるらしいが、それはそれで良いのだろう。まあ、こう言っては失礼だが、上手な絵ではない。

それでもユネスコで世界記憶遺産と言われれば、価値のあるものとして扱われるのだろうよ。文部科学省等は源氏物語絵巻とか鳥羽僧正の鳥獣戯画あたりを推薦しようかと考えたのだろうか?

Categorised in: 未分類