お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年4月28日

2219 福島市の大原綜合病院を、企業再生支援機構が支援という話

最近の医院や病院の経営は決して楽なものではありませんが、東北地方ではこのように県内有数の病院でさえも経営に行き詰まって企業再生支援機構にその再建を託すというところまで追い込まれてしまっていたのだそうです。

大原綜合病院は福島市に有る福島県立医科大学と並ぶ主要で歴史がある病院です。

昔の話ではありますが、その創立者は野兎病(やとびょう)とも呼ばれまた大原病とも呼ばれるリケッチャ感染症の発見者としても有名なかたで有ったと聞いていました。

この救済劇は今回の大震災よりもひと月ほど前のことだったようですけれども、このニュースを見落としてしまっておりましたのでここに引用いたします。

今回の地震の影響で岩手・宮城・福島の3県あたりの医療施設では地震後の施設の休診や住民の減少のために診療実績が減ることはあっても、増えることはまず考えられないと思います。

政府からは地震で破壊された診療施設の再建に対する補助が検討されてはいるようですが、ただでさえ体力の乏しい東北地方の医療機関の中には今回の震災で再建が出来なくてその息の根を止められてしまうところも出てくるのではないかと恐れられます。

ーーー引用開始ーーーーーー

●診療は維持

 福島市の大原綜合病院を、企業再生支援機構(東京都)が支援すると2月10日発表した。同病院は多額の借金に苦しんでいたが、約5年後の新病院建設に向け、機構の下で経営を刷新することにした。診療は今まで通り続き、物品の納入業者など取引先の債権も全額守られる。(村上晃一)

◎新病院建設に備え

 病院を運営する財団法人と主取引行の東邦銀行が、機構に支援を求めた。融資をしている銀行は東邦のみで、同行が貸出金73億円のうち、60億円を債権放棄する。必要額を既に引き当てており、同行の業績への影響はないという。

 東邦は、運転資金などとして病院に10億円の融資枠を設定。機構が半分を保証し、経営再建のための人材を派遣するなどして支える。医師や看護師ら医療スタッフの雇用は維持されるが、理事など経営陣は全員退任。福島県立医大の前理事が病院の新理事長に就き、医大との連携も深める。

 支援を求める要因となったのが、約5年後に控える新病院の建設だ。大原綜合病院は同市大町にある本院が老朽化し、築56年の建物もある。建て替えが長年の課題だが、90年に同市鎌田に建てた大原医療センターの建設費が重荷となっていた。2010年3月期は医業収入86億円に対し、借金が76億円もあった。

 同病院は本院で429の一般病床を持つ県北の救急医療の拠点。同病院と東邦は、医療機能存続のために借金負担の軽減など抜本的な再建策が不可欠と判断。新病院を建てられる経営状態に戻すため、機構の下での再生を選んだ。新病院は、本院と医療センターの運営一体化などに取り組んで、経営の改善を図る。

 機構が病院の支援を決めたのは、東京都と神奈川県の施設に続いて3例目。全国的に病院の経営難が地域の課題となっている。今回は機構が手がける病院再生で、最も大きな規模の案件となった。

 東邦にとっても、大原綜合病院の再建は大きな課題だった。貸出金が多額なうえ、地域の中核医療施設だけに破綻(はたん)も許されない。医師77人、看護職員437人など約790人の雇用の場でもあった。

 同病院は元々、創業家一族が運営していたが、90年代初めに経営陣を刷新。東邦はその後も行員を派遣するなど立て直しを徐々に進め、最大97億円まで膨らんだ借入金を減らしてきた。それでも、大幅な債務超過が続いていた。

 東邦は昨年12月にも、会津バスを運営する会津乗合自動車を今回と同様に、機構の下で経営再建させることを決めた。今回の支援決定について東邦の担当者は「医療機関は再生が難しかったが、最大の懸案が解決の方向に向かう」と説明している。
ーーーー引用終了ーーーーーー

別の記事を見ますと、人工透析を行う医療センターを設立したのがつまずきの始まりでったともされています。過剰な拡張は危険ということでしょうか?

創立者一族から、外部の理事、銀行から派遣の役員と様々な方々による改革が行われましたが、それがまた構造的な無理から行き詰まったという印象です。

さてさて、

このほかにみ:
医療法人社団全人会が破産 4月1日(金)17時25分配信

 東京都調布市で多摩川病院などを運営していた医療法人社団全人会(時崎謙理事長)が、3月29日付で東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かった。東京商工リサーチによると、負債総額は債権者10人に対し16億2860万円。

とか
市中に新宿の眼科を含むクリニック群を運営していた法人に支援が入ったなどの記事等も見つかります。

Categorised in: 未分類