お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年4月27日

2217この子にかけてあげる言葉はないものだろうか?

この子にかけてあげる言葉はないものだろうか?

ーーーーーー
rtr2lgvm_comp
宮城県東松島市の仮土葬場に着くと、熊谷若菜(6)は車を飛び降り駆け出した。大好きなお父さんに会いに来たのだ。若菜は舞踏会でのご挨拶のような仕草で、父と対面した。

rtr2lgw5_comp
この日、4月21日は若菜の小学校の入学式だった。母親と兄と共に式に出席した後、真っ赤なランドセルとドレスを着て、父に入学の報告に来たのだ。

父、和幸は土の中で眠っている。享年31歳だった。
ーーーーーー

元の記事へ

ロイター通信の配信する写真にはなんとも胸を打たれます。
親を失った子供も多いのでしょうね。
そして子供を失った親も。

Categorised in: 未分類