お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年4月13日

2184 学校カウンセラー大幅増へ 被災地小中高に千数百人:

先日は悲惨な被災地の映像を児童に見せるべきではないという小児精神関係の学会からのアピールが発表され(下記)、それほどまでにセンシティブなものかと思いました。

注:【緊急アピール】子どもに被害映像を見せない配慮を!
―子どもの心を守るために、マスメディアの方にお願いしたいこと―(出典にリンク)

現地で、身近な人の外傷や喪失、さらには避難所での不自由な生活に出会って、強い心的な外傷を負った子供さん方も少なくはないと思われます。そのような中で、この決定は確かに有効なものであろうかと感じられます。

学校カウンセラー大幅増へ 被災地小中高に千数百人(出典記事にリンク):だそうです
ーーーーーーーーーー

 文部科学省は13日、東日本大震災で被災した児童生徒の心をケアするため、被災地の小中高校などに千数百人規模で、臨床心理の専門的知識を持つスクールカウンセラーを新たに配置する方針を決めた。2011年度第1次補正予算案に関連予算として約30億円を盛り込む。

 新学期を迎えた教育現場からは、震災で家族が亡くなって落胆したり、長期の避難所暮らしで心身に影響が出たりする児童生徒の続出を懸念する声が強い。集団避難で転校した子どもが新たな環境に適応できるようにケアする必要性も指摘されている。

 岩手、宮城、福島3県の調査によると、今月1日現在、震災で両親が死亡・行方不明になった孤児は少なくとも73人で、家族の中で誰かを失った児童生徒は相当数に上るとみられる。

 今回、配置対象となるのは、災害救助法が適用された青森、岩手、宮城、福島、茨城など各県の市町村にある国公私立の小中高校など。現在配置されているカウンセラーの就業時間を延長するためなどに補正予算を使うことも可能という。

 スクールカウンセラーは、児童生徒だけでなく保護者の相談相手にもなり、学校再開で負担が強まる教員にも助言する。文科省は、被災した教員をサポートする役割も期待している。

 文科省によると、09年度の公立小中学校のスクールカウンセラーは約6100人。
ーーーーーーーー
子供の心的外傷はPTSDと呼ばれるものなのですね急にこう言われても人材の養成はすぐにはできないでしょうけれども、現在働いている方々の予算措置の増強ならば、さぞ有効なことでしょう。

東北大学文学部の心理学科などもその養成に関連した働きをしているのでしょうか。その昔学生のころに、文学部の方々と一緒に心理学のゼミをやったのを思い出しました。行場次朗先生も頑張ってくださいね。

臨床心理学という分野の方々ともまた話す機会を持ちたいものです。。(今後、PTSDと視覚の関係も調査してみましょう)

Categorised in: 未分類