お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年3月23日

2138 清澤眼科医院通信753 (2011.3.22)

2138 清澤眼科医院通信753 (2011.3.22)
管理頁

ーーーーーーーーー
昨日は福島からの、そして本日は岩手からの被災者の方が受診されています。江東区でも湾岸地域に避難所が設営されたとニュースで聞きました。
岩手の方は待合室で伺ったら岩手県の海岸から陸路で内陸へ、そして飛行機で花巻から伊丹、そして羽田へと多くのステップを経てようやく東京にたどり着いたそうです。
ご老人は体力の温存が大切です。ゆっくり休んで一刻も早く体力を取り戻してくださることを願います。(やや詳しい記事にリンク)
ーーーーーーーーー
ペットの犬をかわいがっていた方で避難所暮らし等で犬の世話が出来ない方にはぜひお教えしたい情報です。
【犬を抱いて孤立する家族の元に向かう男性】朝日新聞掲載
犬好きには忘れられない写真です。どこかで見たはずと思って探して、ネットでやっと見つけました

被災者の愛犬預かります 静岡・富士宮のNPO

 東日本大震災で愛犬を抱えて被災した住民が、身内の捜索や自宅の片付けに力を入れられるよう、静岡県富士宮市のNPO法人「ワンワンパーティクラブ」が22日、愛犬を一時預かる取り組みを始める。

 被災者から連絡を受けると、スタッフが自宅や避難所に犬を迎えに行き、預かり先の家庭へ届ける仕組み。預かり先の家庭は募集し、ヒアリングしてしっかり世話ができるかどうかを審査。犬の被災前の生活環境も考慮して選ぶ。(記事にリンク)ということです。
ーーーーーーーーーー
今回の地震では、その復興に尽力されておられる方々に頭が下がります。

都内の大学で教鞭を執る内科医のK君が大前研一氏の講演内容を大学の医学部の同級生へのメールでおしえてくれました。


(http://www.youtube.com/watch?v=8GqwgVy9iN0 動画にリンク)

内容のごく一部をご紹介します。

福島原発の今後のステップ:数日・数週間ではなく数年のプロセスになる。
1. 非常手段で注水・冷却を数日間(この間は何とかなりそうではあるが・・・)
2. 安定した手段で注水・冷却は3~5年かかる。・・・この間放射能の飛散が続く
3. 建家全体をテントのようなもので覆う(日本は東京ドームなどで世界に誇る高い技術あり)、これで風などによる放射能汚染したチリの飛散を防げる
4. クレーンなどの修復・設置・・・~5年かかる。
5. 炉心から燃料搬出(床遮断カバー、格納容器・圧力容器の蓋を外したうえで)
6. 冷却プールから燃料の搬出・海路陸奥へ(数千本になる)
7. 核分裂物質の除去(できるだけ)
8. コンクリートで永久封印・・・6年後位
9. 汚染地域の縮小後半永久的に立ち入り禁止区域に

ーーーーーーー
131
2133:「福島原発の放射能を理解する」スライドのご紹介

新潟の眼科医安藤先生からのメーリングリストが今回の震災後には東京からの仙台への自動車交通路の事や下に転載する「福島原発の放射能を理解する」スライド等にもリンクしておいでです。

この「福島原発の放射能を理解する」スライドはすぐれたもので、具体的にどのような放射性物質が飛散する恐れがあるのか?とかその半減期がどの程度で有るのかなどを短時間で読み取ることが出来ます。。(この記事にリンク)

ーーーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーーー
4小
2129: 白内障のお話:昭和40年男インタビュー記事 其の2
まだまだ先の話だけど…  白内障

年齢の経過とともに気になってくる眼の変化。老眼の次に自覚しやすいのが白内障であろう。「先ほど老眼の説明で出てきた水晶体、これが白くにごってしまうのが白内障です」
ーーーーーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーー
六小2135: 緑内障のお話:昭和40年男インタビュー記事 其の3

年に一回は検診を!緑内障

40歳以上の17人に一人が持っているという緑内障。だが、その真相は意外と知られていない。しかし我々はすでに緑内障のリスクがどんどん高まる年齢に突入している。
自分自身で目を守るという自覚と、正しい知識を持って対策に臨もうではないか。
(記事にリンク)
ーーー
(私がインタビューを受けた、地震発生前の昭和40年男の記事の一部の再録です。地震でアップが中断しました。其の1から其の5までのうちの2話目です。図はゲラのPDFを元にしてますので最終稿と多少異なっています。)(この記事にリンク)
ーーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーー

空のコンビニ
激烈なサッカーの解説で知られるセルジオ越後さんが「倒れた人の分まで走るのが、サッカーだ」と発言しています。今、日本に何が必要か。被災地への義援金、節電、物資の救援。やらなければならないことは山ほどある。一方で、この国の経済活動をきちんと回すこともしなければならない。
私もこの発言は正しいと思います(この記事にリンク)
ーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーーーーー

片側顔面痙攣
7月に”眼瞼痙攣総合専門サイト”を清澤眼科医院の監修で作りました。左カラム最上部からリンクしましたのでご覧ください。
ーーーーーーーーー
sinryouganka第5回心療眼科研究会案内
日時:2011年6月25日(土) 17:00~20:30
会場:ビジョンセンター秋葉原 千代田区神田淡路町2-10-6 
   オークプラザ、電話03-5298-4774
参加費:2000円
詳細記事にリンク
ーーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーーーーー
無題

愛犬をテーマにしたブログです。行った先でぽちっと投票して下さることを期待しております。(記事にリンク)
ーーーーーーーーーーーーー

 患者の気持ちロゴ 

眼科医療に関するご質問は下記の患者の気持ちの質問箱(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。質問が入ると、私が答えるまで次の質問は入りません。このブログの記事に戴いたコメントにも応答しています。
ーーーーーーーーーーーーー
(真摯な眼科医療関連の取材には、大小問わず対応します。取材希望が御有りでしたらご連絡ください。)
ーーーーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーーーー
blogram投票ボタンブログ記事の成分の自動分析です。自動解析がここまで出来る時代が来たかと驚きます。

ーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーー
患者分布◎当医院の患者分布を一昨年調査しました。患者さんの分布は東が荒川まで、西は明治通りまで、南は公共用地で住宅がありません。その外からの患者さんは職場が近隣に有るのでしょう。

 図のダブルクリックで地図が拡大できます。円は1.3.5キロ圏で、左端に見える東京駅まで約6キロ(地下鉄約12分)です。当医院は患者さんにゆっくり質問していただける体制を作ろうと医師2人制を推進しています。
ーーーーーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」

ーーーーーーーーーーーーー
31
ーーーーーーーーーーーーー
2138 清澤眼科医院通信753 (2011.3.22)

ヘッドライン
1、近況:
1)公開医院情報。

2)自前ドメインのホームページ。(リンク)。このブログの各部に繋いでいます。携帯用サイトも始動しました。

2.予約電話03-5677-3930。ネット予約に⇒リンク

3.清澤の水曜午後は東京医科歯科大学眼科神経眼科外来です。⇒リンク 

4.最近のページビューは一日2500件程度(ユニークユーザー1600人):現在の累計148万件。ブログに眼疾患の記事を書き足して、この数字を見るのが現在の私の主な趣味です。

5.当医への眼科ネット相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズご案内⇒リンク 

7.眼瞼痙攣治療紹介
眼瞼痙攣関連記事(⇒リンク)

8. 病名説明記事検索方法

9.関連記事:迷ったときの医者選び(2008改訂版) 東京

10.当ブログの新テーマ

32

ここからが本文です
—————————————–
2138 清澤眼科医院通信753 (2011.3.22)

136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929
すべては患者さんのためにの額
1 目標;すべては患者さんのために
1-1)一人でも多くの患者さんに利用していただけるよう、自分と職員を励まして居ます。(諸メディアの取材にも協力します、取材のご希望があればお電話ください。)

1-2)近況:
丁寧な診療のための常時医師2人診療体制(一部は3人体制)にいたしました。
——————
1-3)

キープティア1

○液状のコラーゲンプラグ(キープティア:違和感も脱落もありません。)と軟質シリコンプラグ(スーパーイーグルプラグ:長期有効)がドライアイ治療に好評。(⇒⇒当ブログ記事リンク

33
1-4)
◎コンタクトレンズ処方は、使い捨てレンズを中心に迅速に行います。
コンタクトレンズは心臓ペースメーカーと同じ高度管理医療機器です。眼科専門医の診療施設での処方を受け、高度管理医療機器取り扱い店でご購入ください。

 自前HP
2-1)医院独自のホームページ運用中。 (リンク)。
 当医院のホームページからブログの各部を連結。


患者の気持ちロゴ 
質問欄⇒(ここでリンク)

2-2)患者の気持ちページ”の眼科質問箱質問箱には様々な質問と答が掲載されます。

ーーーーーーーーーーーーーー
telephone box bus
2-4)当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。予約取得には9:00~19:00の電話が最も簡単です。予約いただくと、当日朝のうちに清澤が検査予定を確認していますから、診療開始後に追加検査の順番を待つ無駄を減らせます。また、当日お急ぎの時は、受付窓口に診療開始時にお伝え下さい。

pc
当医院自慢の夜間でも予約が出来るネット用予約システム⇒リンクも運用中。
ネット診療予約には、日中の時間帯に確認電話を差し上げます。

 初診は問診表に記入して持参されますと、所要時間を短縮できます。(⇒印刷用問診票にリンク:

34
予約変更カルテや予約で不来院のカルテも、当日夕刻にその内容を確認しています。
今後も迅速で笑顔の有る対応を心がけます。

地下鉄
当医院へのアクセス地図(⇒リンク)JR東京駅(地下鉄東西線大手町駅に通路で乗換)から12分の東西線南砂町駅の東3番出口直前の2階です。快速は止まりませんのでご注意下さい。

35
3、清澤の水曜午後は2010年度も東京医科歯科大学臨床教授を拝命し神経眼科外来での診療です。東京医科歯科大学ではコンサルテーション(担当医からの相談対応)のみを担当します。担当医としての継続的診療には南砂町の医院をお訪ねください。

情報公開 1:
2010年清澤眼科(および医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(準備中)

2009年清澤眼科(および医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績

清澤眼科医院2008年学術の実績のまとめ。(⇒リンク)

情報公開 2:神経眼科外来は、眼科専門医清澤と、内科専門医江本博文医師(東京医科歯科大学眼科所属)、小林禅医師(医科歯科大学神経内科所属)が神経内科側から担当します。その神経眼科外来の最新状況をまとめました。
(2009改定記事です⇒)

情報公開 3:801 当院の眼瞼痙攣患者調査(眼瞼痙攣の患者像 そして眼瞼痙攣治療を成功させる10のコツ)

36

以下が2010年12月以後の医師配置表です。
  午前(9:00-12:30) 午後(3:30-7:00)
月 清澤+赤井       清澤+江本(神眼*)+柏倉
火 清澤+秋山       清澤+(川島1週/石川2,3,4週)
水 小川          (休診)
木 清澤+赤井+(小林)   清澤+小林(神内*)+柏倉 
金 清澤+秋山       清澤+秋山
土 清澤+医科歯科大医師交代

*:
神眼:神経眼科特殊外来(完全予約のみ)
神内:神経内科特殊外来(完全予約のみ)
ーーーーーーーーー

pet2
◎”緑内障の視神経と視路の変化をPETとMRIで調べるプロジェクト”は順調に進行中。両眼同程度の緑内障がある希望者の募集は終了。952緑内障における脳の形態と活動の変化・ご協力いただく方への説明書(緑内障の患者様へ) 正常ボランティアとしてPETとMR検査を無料で受けていただく方の募集は暫時継続中。図は左が緑内障患者の脳糖代謝、右は正常人の脳糖代謝。大脳視覚領の活性低下が見えます。

ーーーーーーーーー

38

当院は診療所と病院の連携を特に重視しています。ぶどう膜炎、網膜剥離などは東京医科歯科大学(JR御茶ノ水駅前)へ、白内障手術は順天堂東京江東高齢者医療センター(当院近隣)にお願いしています。難しいコンタクトレンズ処方は西葛西井上眼科コンタクトクリニックに繋ぎます。当医師からの紹介患者を特別大事にしてくださる的確な紹介先を複数持っていることが開業医の最大の財産です。病院での治療が一段落したら、当院に戻っていただきましょう。お世話になっているこれらの病院の先生方に心から感謝しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

清澤眼科
ホスピタジャパンという大手の病院紹介サイトに当医院紹介の新ページができました。構成を工夫して”患者の気持ち”のサイトにもリンクしてもらって、当院への予約や質問が出来る様にして有ります。
(⇒リンク)お試しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランジションズ
トランジションズ ヘルシーサイト コンソーシアム(⇒リンク)に眼科医の社会活動として参加中です。このページには、”眩しさから目を守る”といった興味深いテーマのニュースレターも載っています。

39
4、当ブログは、一日閲覧数で2000-2500件、一日訪問者数でも1600人に達しました。恐縮ですが未受診者からの電話医療相談や個別医師推薦には対応できません。お困りの方も保険診療として一度は受診し、当医のセカンドオピニオンや適切な専門医への紹介をお求めください。
 当医の専門は神経眼科ですが、長年の経験と人脈から、眼科に関する相談を各疾患万遍無くお受けします。

5、眼科の医学的相談には、”患者の気持ち”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問を歓迎します。恐縮ですが、質問箱の答は、多くの方々に共有していただきます。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス

○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。丁寧で迅速な診療での処方を心がけます。販売は新砂コンタクトレンズです。

ワンデー・バイオメディックスEV2200円、ワンデー・アキビューモイスト3000円、オーツー・オプティクス2500円、などが廉価でお勧めです。デファインも扱っています⇒価格表

新砂コンタクトレンズ
o2
一人でも多くの患者さんと出会いたい。開業した5年前以来、オーツーオプティクス店頭価格は税込2500円を続けています。これは通販最安値組より遙かに安く、販売各店が求める送料やカード手数料等もなしです。新砂コンタクトレンズ価格表にリンク 意外に販売数量が伸びているのがワンデー・バイオメディックスEV2200円。シンプルで廉価、眼科医院ルートでしか販売されてないのが人気の理由です。
ーーーーーーーーーーーーーー
AOセプトクリアケア
新砂コンタクトレンズでAOセプト・クリアケア1本1260円(消毒用ディスポカップ付き)と、オプティフリープラス360ml,2本入り2310円(ダブルパック、レンズケース2個付き⇒使用法ビデオへ)の販売中。(ともにキャンペーン価格)

オプティフリープラス
当医院では、最も信頼できるこの2種のコンタクトレンズ洗浄液120ml瓶を従来から初めてのレンズ販売時にはレンズに付けてをお渡しして来ました。ドラッグストアにはクリアケアが付かない”AOセプト”や、プラスの付かない”オプティフリー”、その他の類似品が多数並んでいます。これらとは一線を画す最新の正規品です。ご利用ください。

santerutakkusu◎サンテ・ルタックス20という黄斑疾患を対象とし、ルテインを高配合した参天製薬のサプリメント(3150円)も取扱中。こちにも試供品があります。

ボト

7、 眼瞼痙攣の治療について

40
当医院のボトックス投与予定:希望者が増えましたので、毎月曜、毎火曜、毎木曜、毎金曜(各々午前と午後)そして毎土曜(午前のみ)といたしました。再初診とも電話でボトックス治療希望とおっしゃってご予約ください。水曜(院長不在日)には施療できません。

8、 ◎病名説明記事の検索○検索方法 
1)直接Googleに<清澤眼科、xxx>と病名のxxxを入れ換えてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。

9、関連記事:
朝日新聞3日の健康相談欄に”耐えられない眩しさを訴える女性”の相談と、それに対する私のお答えが掲載されました。その答えは、やはり眼瞼痙攣です。

asahisi
大きな記事に取り上げてくださいました。ご自分が眼瞼痙攣ではないかという方は、まずこのページの左上にあります眼瞼痙攣のページをご覧ください。

000
迷ったときの医者選び(2008改訂版) 東京⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び”、改訂版でも名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介していただきました。
———–
眼瞼痙攣表紙
改版した”目がしょぼしょぼしたら、眼瞼けいれん?片側顔面けいれん?正しい理解と最新の治療法”が出版されました此処に紹介されています(⇒リンク)。一般の患者さん向けの本ですが、本格的な疾患と治療法の解説を追加改版しました。片側眼瞼痙攣の記載も充実させ、”治療を成功させる10のコツ”を追加するなど8ページの内容増加となっています。尚、amazon等で購入できますが、ご希望の方は医院までお知らせ下さい。
ーーーーーーーーーーー

humeisyuuso「続 解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴」(⇒紹介ページにリンク)(若倉、清澤、山田編集)が発売されています。
 。”(⇒目次リンク)

眼科疾患のボツリヌス治療眼科医向けの専門書ですが、また新しい本ができました。眼科疾患のボツリヌス治療。当医院で神経眼科外来を私とともに担当してくれている江本博文先生、その奥様の江本有子先生と私(清澤)の共著で、分担執筆。第4章ボトックス治療の実際が我々の担当部分です。編集が兵庫医科大学三村教授、総監修は徳島大学梶龍兒教授です。(診断と治療社4200円、2009年12月25日発行)

ーーーーーーーーーーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類