お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年3月18日

2121: 3月17日:

昨晩のNHK特集では1号炉と3号炉、そして2号炉、更に4号炉で起きたと考えられる事象がわかり易く説明され、放射能漏れはあっても少なくとも炉の暴走爆発は避けられるのではないか、という見解が示されていましたので少しは状況を理解できた気がいたしました。

そこでの、菅直人総理大臣のこの発言は、身内への雑談が思わぬ形で漏れ出したものでしょうけれど、リーダーのこの発言はいただけません。パニックを引き起こすからと、”大丈夫ですから”という公報を総理大臣が流すたびに原子力発電所に新たな煙が上がるというのでは、市民の不安と不信は増してしまいます。国際原子力委員会も不誠実な報告(実際には重要な情報が本部にも把握できていないのでしょうけれども)に批判が出てきました。今後最善と最悪のストーリーを示して、整然とした行動を取れるような指導をする義務があると思います。

ーー記事からーーー
「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。菅直人首相は16日夜、東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。放射性物質の飛散により、広大な地域でさまざまな影響が出かねないとの危機意識を示したとみられる。
ーーーー中略ーーー

経済界では日本の信用失墜とは一見逆のようなひどい円高が進んでいます。日本企業が資金を引き上げざるをえないから外国の資産を売ってドルで円を買うという読みのようです。
ーーー記事の頭を引用ーーー
1995年4月につけた戦後最高値(79円75銭)を突破、約16年ぶりに最高値を更新した。東日本大震災と原発事故により、日本企業が外貨建て資産を売るとの見方から、投機筋を巻き込み円買いが進んだ。
ーーーーーーーーーー

続く

話が前後しますが、リビアでは反政府軍は政府軍に抑えられてしまいそうな勢いです。英米フランスに石油はもう売らない、とカダフィ大佐は発言しているそうです。

サウジが軍と警察をバーレーンにでしているそうです。治安部隊が16日、イスラム教シーア派市民らによる反体制デモ隊弾圧に乗り出したことに、シーア派が多数派のイランとイラクが反発を強めているとも伝えられています。

Categorised in: 未分類