お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年3月1日

2077 日本航空ジャンボの最終フライトだそうです。

私が初めて飛行機に乗ったのは昭和48年。東京から確か日本航空アンカレッジ経由の北極回りでローマに着きました。確かダグラスDC8で有ったかと。この時には北極の通過証をもらったのを覚えています。この頃にはもうジャンボが飛んでいたのでしょうがまだすべてではなかったと思います。

その後は何回も飛行機での旅行をしましたが、その多くはこのジャンボでした。前方の一段高くなった所に乗るのに憧れてましたが、乗ってみればどうということもありませんでした。

日本航空は一時はこのジャンボの所有機数が世界最多で有ったということですが、その最後の機体のフライトが本日離陸し、明日戻ってくるのだそうです。

思えば、日本航空といえばひところは大学卒業生に就職先として最も憧れられた会社。父親が機長で、母親がスチュワーデスといえばサクセスストーリーの典型でした。

それに影が差し始めたのは今から思えば尻もち事故と、お鷹巣山の日航機墜落事故あたりだったのでしょうか?盛者必衰が世の習いとは申せ、はかないものです。

ラストフライト
ーーニュース記事引用ーーー
「ジャンボ」ラストフライトに出発

 「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたボーイング747型機が、日本航空の路線から姿を消すことになり、28日、ラストフライトに向けて成田空港を飛び立ちました。

 日本航空のジャンボジェット機、ボーイング747-400型機のラストフライトは、成田とハワイ・ホノルルを結ぶ路線で、出発を前に、搭乗口には多くのファンらが集まりました。

 日本航空では1970年にジャンボ機を導入して以来、一時は世界最大の保有数を誇っていましたが、経営再建に伴い、燃費効率が悪いなどとして、ジャンボ機の全機引退を決めました。

 ラストフライトを迎えたジャンボは、午後7時前に成田空港を飛び立ち、最後の帰国便が3月1日午後1時25分に成田に到着する予定です。(28日21:38)
ーーーーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類