お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年2月24日

2066 眼科一口知識を教える短いビデオについて。

トレインチャネル

電車の中では一口知識を教える短いビデオが流されています。このようなものを眼科の待合室に流せないかということで岩手県の眼科医鈴木武敏先生がシステムを開発しています。その見本ができたということで、昨日は見本ページを見せに私を訪ねてきてくださいました。毎回彼は目新しいアイデアを持ち込んでくれます。

眼に関係のある一つの小テーマが2分程度で、全体では1-2時間の映像をバックグラウンドミュージックのように無音で流し続けます。毎月その3分の一づつを変えてゆく。その全貌の公開は3月中旬で、それまでの発表はご遠慮くださいということだそうですので、期待して待つことにしましょう。では今日は一般論としての「トレインチャンネル」に代表される「電車内液晶モニタ映像広告」の紹介。
●みんなが自然に注目する「トレインチャンネル」

この元記事は少し古いのですが(http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/02/post_3180.html)「トレインチャンネル」とは一言でまとめると【JR東日本(9020)】が山手線の車両などに設けた液晶パネルで流す、情報動画テレビ。

いわば独自テレビ番組を電車内で流すようなものだが、電車内という特殊事情に合わせるため、音声は一切発せられない。従来会話が交わされるようなシーンでは無声映画のように字幕スーパーが流れることになる。

この「トレインチャンネル」は2002年4月から山手線で放送を開始。今年からは南砂町を通る東西線にも一部導入されました。

液晶モニタのサイズは15インチとやや小さめですが、目線に近い位置にあるのであまり気になりません。

Categorised in: 未分類