お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年2月7日

2026 エジプトの混乱は続いている模様(2月7日)

タハリール広場29日

エジプトの混乱は続いている模様です。国際神経眼科学会で知り合ったエジプトの神経眼科医の方々も無事に過ごしておられるか心配しています。あの国際神経眼科学会は2006年12月だったのですね。ときのたつのは早いものです。

タハリール広場1
デモへの参加を薦めた「チーム1月25日」とムスリム同砲団とが入れ替わったと言われています。タハリール広場の集会で指導的な役割を果たす「チーム1月25日」の内実は、エジプト最大の反体制勢力であるムスリム同胞団と見る向きもある。(下の記事参照)

国際原子力委員会の委員長を務め、この騒動の初期には運動の指導者と目されていたエルバラダイ氏は今回の政府と反政府の交渉には呼ばれてもいないと不満を述べているという報道もあります。

とすれば、やはり新たにできる政権は親西側ではなく、イスラム原理主義的な物になるということでしょうか?

ーーーーー引用ーーーーーーー

【カイロ発】 ムバラク去るまでタハリール広場の地響きは続く
田中龍作提供:田中龍作ジャーナル

2011年02月05日21時05分
2ツイート 0コメント 2total

写真拡大
「ムバラク打倒派」の青年。この頃までは「戦車と兵士込み」で撮影しても拘束されたりはしなかった。(3日、タハリール広場。写真:筆者撮影) アラブ世界はもとより国際社会を揺るがすタハリール広場の集会は12日目に入った。ムバラク大統領は次々と条件を繰り出し仲々政権の座を去ろうとしない。

 「打倒ムバラク派」と政権との戦いは持久戦の様相を呈しつつあるが、数万人規模の集会は一向に沈静化する気配は見えない。ばかりかボルテージは日増しに上がっているようだ。筆者は広場から南へ1キロ足らずのホテルに投宿している。部屋まで飛び込んでくる「ムバラク去れ!」の怒号は大きくなる一方だ。

 反政府集会をネットで呼びかけたのは、「4月6日青年行動(6April Youth Movement)」という組織である。08年の4月6日に教育レベルの高い若者のグループがフェイスブックで最低賃金の引き上げを求めるゼネストを呼びかけた。組織名はこの日付にちなんだものだ。

 「4月6日青年行動(6April Youth Movement)」は、現地では「チーム1月25日」とも呼ばれる。この日に反政府集会を始めたからだ。言論の自由などなく秘密警察の目が光るエジプトで「ムバラク打倒」を呼びかけるのは決死の構えが必要だった。

 長期独裁に息を詰まらせながらも声をあげることのできなかった市民がネットでつながり、彼らの呼びかけに反応したのである。

 市民革命の砦となったタハリール広場では、金曜礼拝のあった先月28日頃を境に「チーム1月25日」とムスリム同砲団とが入れ替わったと言われている。タハリール広場の集会で指導的な役割を果たす「チーム1月25日」の内実は、エジプト最大の反体制勢力であるムスリム同胞団と見る向きもある。
 
 米国のあっせんでスレイマン副大統領を中心に「新政府協議会」のようなものを本格化させようという動きが顕著だ。だが、ムスリム同胞団はムバラク大統領が国外に去るまで協議には応じないとしている。

 ムバラク大統領が権力に執着する限りタハリール広場の地響きは収まらない。
ーーー引用終了ーーーーーー

清澤のコメント:
関連記事を見ますと、エジプトの銀行は業務を再開するようですが、証券取引所はもう数日閉鎖が続く見通しとか。ヨーロッパの証券市場ではエジプト株が売られて値下がりしているそうです。フランスを始め、エジプトへの投資が大きいヨーロッパ各国の金融機関の損害も小さなものではなくて、ギリシャの通貨危機のような影響がありそうだという話です。

エジプト国民の間には、早く元の安穏な生活を取り戻したいという風潮も流れ始めているとも報じられています。

この国には引き続き注目が必要ですね。

Categorised in: 未分類