お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年1月25日

1994 慈恵医科大学耳鼻科のページが今年も動いています

慈恵
慈恵医大耳鼻科の花粉症のページ(東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室 アレルギー研究班の花粉症のページ(正式名) )には毎日の花粉数の実測値が記載されていて、とてもわかりやすいのでここ数年愛用させていただいています。

現在の花粉の流れがリアルタイムで図示されるなどというページもありますが、情報量が多すぎるのは却ってよくないです。

このページも、しいて言えば、最初のリンクが多すぎて目が回ることでしょうか。
そういう方はいきなり”2011年1月の観測 ”(⇒リンク)を見るとよいでしょう。

私(清澤)も年初来のどをやられていて、咳をしています。少量ながら花粉の影響かとおもい今から戦々恐々。

ーーー引用ーーー
(1月24日)1月20日に東京都が「今春の飛散観測数はとの観測史上番目 飛散開始日は2月16日から19日ごろ~平成22年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果~」と今年の花粉情報を提供しましたので、花粉症対策にお役立てください。

それによりますと、千代田区の飛散花粉数の予測は6358個から8602個の間で、昨年の1253個の5.07~6.87倍、過去10年間の平均飛散花粉数の3849個の1.65~2.23倍となります。

飛散開始日は平年のより少し遅れめですが、今後の気象条件により早まる可能性もあり、1月末ごろに再度予測をHPで提供するとのことです。これらの情報を基に、今年の花粉症対策の開始を決めることが必要でしょう。飛散開始が早まる場合に備えて、2月初旬には薬を手元に確保することが望まれます。

(1月24日)品川の今年の花粉初観測日は1月2日で、その後1月7日、1月9日にも少量の花粉が観測されています。これは東京都の観測と同様の結果です。昨年12月にもスギ花粉が観測されています。昨夜少量の雨が都内で降ったようですが、雨が降らない日が続き、眼、鼻、のど、皮膚の乾燥が起こり、刺激を受けやすい状態となっています。粘膜や皮膚の保湿を行うことが、花粉症対策の一つとして役立ちますのでお勧めいたします。4812159件 

ーーーー引用終了ーーー

Categorised in: 未分類