お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年1月24日

1992 バタフライ 木村カエラ

チェンバロを思わせるどこかで聞いたような懐かしいメロディー。結婚式の歌といわれると納得できる内容の歌詞です。


木村カエラ Butterfly
アップロード者 pafupafu. – 他の音楽動画をもっと見る。

(バタフライはどこかで聞いたことありませんか?有名な曲のカバー…::違うと思います。しかし、「ゼクシィ」という結婚情報誌のCMで、結構前から流れているので、耳に馴染んでいて、どこか聞き覚えがある気がするのでは無いでしょうか?? という記事も。

また木村カエラさんのバタフライもGalaxy Express 999 Epilogueも元ネタは
↓バッハ 2台のバイオリンのための協奏曲より第二楽章

という記事もありましたが??これというわけでもありません。)

この歌手の最近の歌には電話のCMに使われたRing a Ding Dongもあります。これも耳に残る曲ですね。

wikipediaを見ると

母は日本人、父はイギリス人。カエラ (Kaela) とはヘブライ語で「最愛」の意味。本人曰く「両親はそんな意味を知らず、語呂がいいからつけたんじゃないか」とのこと。また、タモリ倶楽部に出演したときには、「イギリス人は、私の名前をカエルと発音してしまう」と語った。英語は子どもの頃は喋れたが今は忘れて話せないとのこと。ただし、後に「saku saku」内で名付け親が祖母であり、本当は「かえちゃん」と付けたかった母親に対し、祖母が語尾に「ラ」を付けるようにと言った事が由来であると明かされている(祖母の名前の語尾が「ラ」だったためにそう主張したとの事)。

清澤のコメント:
小学生の間でもきれいなメロディーの故か最近好まれて居るようです。
昨晩、歌えるように歌詞を調べてと言われて、少し調べてみました。

Categorised in: 未分類