お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年1月17日

1975 東西線の痛勤緩和へ本腰の記事: 南砂町駅改修も (東京新聞)

15000
東西線の痛勤緩和へ本腰 幅広ドア車やホーム増設
という記事が今朝のちゅかんに出ています。
南砂町の朝ののぼりの混雑は激しいものですから少しでも緩和されると良いと思います。

ーーーーーーー

2011年1月17日 07時07分

ドアの幅が50センチ広くなった東西線の新型車両(手前)と、現行幅の車両=東京メトロ提供

 日本の地下鉄では最も混み合う東京メトロ東西線の運行の遅れや混雑の改善につなげるため、メトロは駅ホーム拡幅や延伸など本格的な対策に乗り出した。特に混雑する駅では新しいホームや線路の増設も計画しており、今後十年間で総額約七百三十億円を投入することを見込んでいる。

 国土交通省などによると、二〇〇九年度の東西線の一日乗客数は都内地下鉄では最多の約百三十二万人。朝のラッシュ時は木場-門前仲町で一時間に約七万六千人が集中する。この時間帯の定員に対する混雑率は197%で全国の地下鉄の主要区間のトップになっており、都内私鉄よりも高率だ。

 メトロによると、一九六九年に全線開通した東西線は、千葉側の活発な沿線開発に伴う人口増で乗客数は当初の三・三倍に膨れ上がった。

 通勤や通学の混雑による遅れも目立つ。現行ダイヤは、朝のラッシュ時に二分三十秒間隔で運行しているが、乗降に時間がかかり、後続列車がトンネルで待たされることで遅延が生じているという。

 このため計画では、遅延対策として一〇年度から一一年度までにドアの幅がこれまでより五十センチ広い新型車両を十三編成百三十両導入(約百八十億円)。導入済みの別タイプの幅広ドア五編成とともに計十八編成を朝に集中して運行する。

 一二年度には門前仲町駅のホームを拡幅。一六年度に茅場町駅でホーム延伸と新しいエスカレーター、階段を完成させる(計約百億円)。混雑する駅にはホームと線路を増設し、後続がトンネルで待たずにホームを交互発着できるよう大規模改良する計画もある。南砂町駅などが候補に挙がっており、十年間で整備する方針(約四百五十億円)だ。これで列車増発が可能になれば、混雑率の改善も期待できる。

 メトロの担当者は「時差通勤などの呼び掛けも進めていきたい」としている。

(東京新聞)
ーーーーーーーーーー
南砂町駅のホームも改修されるようですね。期待して待つことにしましょう。

Categorised in: 未分類