お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2011年1月8日

1950 140人に不要な心臓手術の記事があります

images

逸脱する病院ビジネス、とか生活保護者を食い物にする貧困ビジネスとかの話をしばしば聞きます。
現在の世界に誇れる国民健康保険のシステムを後の時代にまで残す為には、このようなことをする医療機関は断固として排斥されなくてはなりません。

ほとんどの病院は真面目に医療を行っているのでしょうが、一部の暴力団に乗っ取られたようなところでは生活保護者の囲い込みが行われているとも聞きます。

痛い検査でなければ、暖かいベッドとスープのためなら、病気でなくとも入院を受け入れてしまうと言うひともいるでしょうね。しかし、心臓んカテーテル検査となれば、命に関わる合併症もあり得るわけで、本当にやっていたらそれは酷い話ですし、やっていなかったとしたらそれもそれで酷いお話です。

ーーー引用ーーー

140人に不要な心臓手術

2011年01月07日23時54分
提供:共同通信

 診療報酬詐欺などが刑事事件になった奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産)が、医療費が全額公費負担となる生活保護受給者140人に、不必要な心臓の血管手術を行っていたことが7日、大阪市などへの取材で判明。大阪市によると、手術は詐欺罪が確定した山本文夫元理事長が主に担当。京都市などによると、同市などでも手術が行われ、不要な手術を受けた生活保護受給者は少なくとも合計で140人に上る。
ーーーーーーーーー

2010年10月31日
1780 NHK追跡A to Z、逸脱する病院ビジネス を読みました(リンク)

2010年05月25日
1444 生活保護受給者や高齢者を狙った、不透明な“病院ビジネス”が紹介されました。
生活保護受給者や高齢者を狙った、不透明な“病院ビジネス”が広がっているというお話でした。(リンク)

Categorised in: 未分類