お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年12月7日

1872 スイスのゴッタルドベーストンネルの現況です。

ゴッダルドトンネル(大)

”アルプスを貫く世界最長のトンネルが掘削誤差8cmで貫通”の記事が出てました。

2010/10/20アルプスを貫く世界最長のトンネル(ゴッタルドベーストンネル)が掘削誤差8cmで貫通との記事が出てました。
ーーー引用ーーー
ゴッタルドベーストンネルで貫通点に到達したTBM(写真:AlpTransit Gotthard Ltd.)アルプスを貫く世界最長のトンネル「ゴッタルドベーストンネル」が、10月15日に貫通した。ゴッタルドベーストンネルは、スイス南部のウーリ州のエルストフェルトとティチーノ州のボーディオを結ぶ鉄道トンネル。東西2本の単線トンネルを並行して掘削しており、貫通したのはこのうち東側のトンネル。全長は約57kmで、これまで世界最長だった青函トンネル(53.85km)を抜いた。
ーー引用中断ーーー
次の記事

2掘削が続く世界最長トンネルの現場を見た!2010/12/01
この辺は普通のトンネル工事の入口の雰囲気

ーーー引用開始ーーー

ゴッタルドベーストンネル トンネル スイス  10月15日に貫通して、世界最長のトンネルとなったスイスのゴッタルドベーストンネル。アルプスを南北に貫く長さ57kmの本坑は東西に2本あり、貫通したのは東側のトンネルだ。

 もう1本の西側トンネルも11年4月の貫通に向けて工事が急ピッチで進む。最大土かぶりが約2300mに及ぶ巨大トンネル工事の現場を、11月29日と30日の2日間にわたって取材した。日経コンストラクション12月24日号で速報を、1月10日号で詳報をお伝えする予定だ。
3
2本の本坑のうちの西側のトンネル。西側は貫通まで1.9kmを残す。5工区に分かれた南側から2番目のファイド工区では覆工作業が進む。覆工に使うセントルは長さ約10m。手前側は覆工コンクリートを打つ前の状態で、コンクリートの下に防水シートを張って、地下水が浸入するのを防ぐ(写真:日経コンストラクション)
ーーーー
清澤のコメント
ゴッタルド
最初の写真は今年の写真に選ばれそうな、いかにも貫通を喜ぶ作業員の感動が伝わってくるような写真です。クリックすると大きくできます。

中央リネア新幹線がもっと長いトンネルを持つのかと調べましたが20キロくらいのようです。

最新の情報の写真はややおとなしいですけれど、最先端の技術で工事は行われているのでしょう。

私は、父が土木の学校出身だったことも影響しちますが、無料のケンプラッツ土木やケンプラッツ建築からメールを受けて、無料の記事だけですが毎週見て話題を仕入れています。仮想空間で行われるマネーゲームとは違った現場の力強さを感じられるのが新鮮ですね。

Categorised in: 未分類