お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年8月17日

1599 医療費、過去最高の35兆円に 70歳以上で4割占める:という報道

医療費、過去最高の35兆円に 70歳以上で4割占めるという報道が出ています。

今日一緒に診療を手伝ってくれた江本先生が、医療費がまた大きくなってしまっているという記事が出ていることを教えてくれました。その総額は実際の税収全体にも匹敵する金額だそうで、われわれ医療に従事する者にとっても問題は複雑です。

ーーー引用開始ーーー
 2009年度の医療費が過去最高を更新して35兆3千億円だったことが16日、厚生労働省の集計で明らかになった。前年度より1兆2千億円(3.5%)の増加。高齢化が進んだためで、70歳以上の医療費が全体の44%を占めた。

 公的医療保険と公費から支払われた分を集計したもの。総額は00年度の29兆4千億円から増加傾向になっている。1人当たりの医療費は、09年度は27万6千円。70歳未満は16万8千円だったのに対し、70歳以上は77万6千円。後期高齢者医療制度の対象になる75歳以上では88万2千円。

 受診した延べ日数は前年度より0.6%減ったが、1日当たりの医療費は4.1%増えた。医療技術の高度化が反映されている。

 一方、09年度の調剤医療費(薬代)も同日公表された。電算処理された処方箋(せん)1枚当たり8034円で、前年度より6.3%伸びて過去最高となった。年齢が高くなるにつれて高額になり、75歳以上は1万41円だった。医療費抑制のため使用が促進されている後発医薬品(ジェネリック)は数量で全体の18.9%を占めたが、伸びは前年度比で0.9ポイント増にとどまった。

キーワード:医療費、後期高齢者医療制度、医療保険、高齢化、厚生労働省
ーーーー引用終了ーーーーー
清澤のコメント:

 私たち診療従事者は、患者さんからの支払いと国民健康の支払いを受けて診療施設を運営しています。ですから、一般の商業やサービス業とは違って、かなり保障された収入が得られています。

 最近の、公的病院の赤字問題はかなり深刻なようですが、それでも小さな診療施設では、重症患者を基幹病院にお願いすることによる医療の中の良いところどりが出来ていますので、何とか経営が成り立っていて、地方の公立病院などのような経済的苦境に立たされることはまだ少ないかと思います。

 しかし、今般の医学の進歩とそれに伴う医療費の総額の増加は無視できないところに来てしまっているということのようですね。何かの歯止めを作って、やらないと母屋を危うくするところまで来たようです。

 其処までの高度医療を施すかどうかを、患者も、家族も、そして医師も選択する仕組みを作らないとこの数字はどこまでも増加しそうな気がします。 ”人命は地球より重い”だけでは問題を解決できぬところまで来ている気がします。

其処で、見かけたのが、”自殺未遂には健康保険が適用されない”というブログ記事。自殺未遂と国民健康保険との関連が理性的に詳しく論説してあります。自殺未遂で1000万円もの医療費を自費で払う事を求められた人の母親が40歳の息子を病院内で刺し殺したという事件を解説しています。(そのブログ記事:リハ医の独白へ

Categorised in: 未分類