お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年7月28日

1557ムクゲ、タチアオイ、ハイビスカスの違いは?

ムクゲいま、朝の散歩の涼しさの中で最も感動するのがムクゲ(槿、木槿、無窮花; Hibiscus syriacus; 英語: rose of Sharon)これは、アオイ科の落葉低木です。3メートルくらいにもなり、しっかりとした花をつけています。これは大韓民国の国花だそうです。

タチアオイ
いかにも夏という風情で、暑い路端に咲いているのがタチアオイ(立葵、学名:Althaea roseaまたはAlcea rosea)。1~3mで茎が直立しています。 花は一重も八重もあり、色は赤、ピンク、白、紫、黄色など多彩。 別名がホリホック(ホリーホック、hollyhock)ともいうそうです。

ハイビスカスフヨウ属のなかでも、熱帯~亜熱帯性のいくつかの種に限って、日本ではハイビスカス(本来はフヨウ属全体 がHibiscusです)と呼んでいます。これもムクゲやタチアオイに似ていますが、立派な花が少数ついた高価そうな鉢植えが門の前などに置いてあるのを見かけます。

Categorised in: 未分類