お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年7月13日

1530医療立国論をご紹介します

 ”千代田眼科夏のフォーラム”で先週金曜に聞いててきた大村昭人先生の医療立国論をご紹介します。
要するに、医療というのは、国民の福祉に必要なだけではなく、経済波及効果も大きく、社会にとっても儲けの多い産業なのであるという説です。(続きを読む:準備中)

大変すみません。このお話もすぐれたお話でまとめようと本も購入したのですが、時期を失してしまいました。私のコメントの代わりに、すぐれたブログ記事の
■「医療立国論」 「医療費増額が医を荒廃から救う」(⇒リンク)をご紹介します。そちらをぜひご覧ください。

消費税の増税を主張して、管直人総理大臣の民主党は参議院選挙に敗れました。しかし、現在の国の税収と国民医療費(そのすべてが保険金や税によって負担されるわけではありませんが)が同規模ということでは、増税なしにずっとやってゆくことは難しそうな気がいたします。

医療という分野を、国民に仕事を与えうるフィールドとして資金を集中的に流し込む戦略には見るべきものがあると思うのですが。

Categorised in: 未分類