お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年7月4日

1514 モイスチャーミスト(戸外用冷房装置)が地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅ホームに置いてあったよ。

モイスチャーミスト
屋外冷房機が地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅に置いてあったよ。

地下鉄の駅の多くはその名の通り地下の閉鎖空間に有りますから空調がなされています。しかし、線路が地上に出ている例外的な駅ではホームを冷やすことがでず暑い日のホームは暑いという事でした。今日、子供と茗荷谷駅に降りてみたら、2つのホームに大砲のようなものが。

 2つのうち、杉並に向かうホームの方は実際に稼働していました。大砲の中央には扇風機が付いていて、砲口の横に細かい錐状に水を噴出するノズル(図の黒い点のいくつかがそれです)がいくつか付いています。更に、ポスターを見ますと、その日の気温が29度以上で、湿度が50%未満の時だけ作動する様な自動コントローラが付いているのだそうです。子のポスターによりますと期間は7月5日から8月いっぱいという事ですから今日は設置後の試運転でしょう。

別の記事(toutube)によれば、”モイスチャーミストが地下鉄に東京メトロ 丸ノ内線茗荷谷駅に。モイスチャーミストがパイロット事業として採用されました。 ホームの暑さ対策として、モイスチャーミストを運転します。 設置場所:東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅 1番線および2番線運転期間:7月16日~9月中旬運転時間:7時~20時運転条件:気温25℃以上で湿度70%以下なお、データ採取や運転調整などの理由により運転をしていない場合もございます。 ホームの状況等により温度や湿度の自動運転設定を変更する場合があります。 茗荷谷駅(みょうがだにえき)は、東京都 文京区 小日向 四丁目にある、東京地下鉄 (東京メトロ)丸ノ内線 の駅 である。駅番号 はM 23。 茗荷谷駅 www.tokyometro.jp”という事ですが、この動画はなぜか削除されてます。

霧状にした水を空中に噴霧して気化熱を奪わせるというアイデアなのですね。機械のホームページを見ると、4年ほど前から製品化されていたもののようですね。

更に、東京メトロのページによれば
茗荷谷
ーー引用開始ーーー
★TOPIC≪モイスチャーミストの導入≫
快適な駅環境を提供するため、平成20年度からモイスチャーミストを試験導入し効果検証を行ってきました。その結果、ミストエリア内の温度を下げることができ、お客様にも大変ご好評を得ることができましたので、今年度から本格導入いたします。

駅名 路線名 導入時期
茗荷谷 丸ノ内線 7月上旬から(予定)

※モイスチャーミストとは
霧が蒸発するときの気化熱で涼しくなる環境に優しい霧風です。霧の気化熱と送風の冷却効果で周辺より-6℃まで涼しくなります。クーラーよりも約20倍効率がよくヒートアイランド対策とCO2削減に役立ちます。
※「モイスチャーミスト」は双葉リース株式会社の登録商標です。
ーー引用終了ーー
::という事です。

噴霧量 36ℓ/h
送風量㎥/h 2400(50Hz)/2880(60Hz)
冷却範囲 180㎥
マイナスイオン 約23.000個/cc
騒音 55㏈
モーター出力 230(50Hz)/320(60Hz)
電流 3.8A(50Hz)/3.4A(60Hz)
本体重量 50kg
外観寸法(㎝) 42φ×長さ126

清澤のコメント:年内でも実際に必要とされるのは2-3か月だけでしょうし、スポットでの需要の多いのでしょうね。機械は販売するのではなくて、イベントや場所に対してリースで貸し出すみたいですよ。3.8アンペアの電力で一時間に36リットルの水を噴霧するという事であれば、結構効率は良いものみたいですね。

Categorised in: 未分類