お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年7月2日

1508 今朝は、お経と戒名の値段のお話から。

おはようございます。今朝は、お経と戒名の値段のお話から。

 流通大手が、葬儀紹介サービスの中で「布施(ふせ)の価格目安」を打ち出したところ、 仏教界が「布施に定価はない」と反発しているという話題が流れています。

 私も父や義父の葬儀では確かにお寺さんに差し上げるお布施はいくらくらいが妥当か迷いました。遺族が集まった席で、葬儀屋さんも寺院には嫌われたくはないので、なかなか値を教えてはくれません。

 ”50で良いなら首を横には振らないでください”、”30ではどうでしょうか”みたいな禅問答の末にやっと決めたことを思い出します。故人の社会的立場や遺族の見栄と財布の厚さも絡んで難しい問題です。

ーーー引用ーー
戒名(かいみょう)料などを渡す際に、寺から「お気持ちで結構です」
と言われて、悩んだ人は多いはず。そんな声を受けて打ち出された価格目安だったが、寺側は「企業による
宗教行為への介入だ」と受け止めている。

イオンが新しく始めたのは、葬儀の際に僧侶を紹介するというサービス。全国に約1700万人いるイオンカードの 保有者向けに5月から展開している。
浄土真宗、曹洞宗、日蓮宗といった伝統教団各宗派の僧侶を、客の要望に沿った形で紹介するという。
その中で戒名の種類別や読経の有無ごとに、布施の金額を「目安」として打ち出した。
例えば「通夜」「葬儀」「火葬場での読経」「初七日」の読経に加えて、「信士」といった戒名をつけた場合は 25万円を目安として示した。
ーーー引用終了ーーーー

 戒名も難問。長野県の浄土真宗寺院では信徒の平等を重んじるという事で院殿大居士はもう付けないと言われて、宗教界改革も良いけれど長野県のお寺はまるで共産党みたいだねと家族で冗談を言いました。

 故郷の町で、お宮の会計担当の氏子総代を務めていた父は、駐車場に貸した土地代や、その他の営利事業で上げた利益には当然課税されるのだと言っていました。が、お布施はお布施、宗教活動に関する入金は税金の対象にはならない様ですね。
 
 故人の所為にして恐縮ですが、生前の父は、氏子からすれば神主さんや住職さんは、檀家の支える宗教法人に養われている職員だったはずなのだが、その方々はその地位を自分の世襲の財産と思っているから難しいとも言っておりました。

 宗教界も市民が良き宗徒ではなくなって来ていますので、きっと大変なのでしょう。

Categorised in: 未分類