お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年5月26日

1447第2回東日本眼瞼痙攣シンポジウムは6月5日東京駅八重洲北口5時です

744
第2回東日本眼瞼痙攣シンポジウムのの案内をいただきました。

眼科医を対象にした講演会ですが、参加予約は不要です。

当医院からも江本博文先生が「眼瞼痙攣の診断と治療」の話をします。シンポジウムで有りますし、錚々たる演者に交じっての発表ですから、解りやすい復習教育的なお話ばかりでは見劣りするでしょう。というわけで、最近彼が筆頭演者でMovement Disordersに発表した眩しさを伴う眼瞼けいれんと眩しさを伴わない眼瞼けいれんの脳における活動分布の比較をPETで行った研究の話も加えてお話になることをお勧めしました。

1067

第2回東日本眼瞼痙攣シンポジウム
日時:2010年6月5日(土)17:00~19:00
会場:ベルサール八重洲 2階 Room A+B+C

* 眼科学会専門医認定事業として、「日本眼科学会専門医」 2単位が取得できます。
* 当日参加費として 1,000円を徴収させていただきます。

1068
【一般講演】

座長 獨協医科大学越谷病院  眼科教授  鈴木利根 先生

「眼瞼痙攣の診断と治療」
   清澤眼科医院  眼科  江本博文 先生

「ボトックス診療あれこれ」
   吉野眼科クリニック  院長  吉野健一 先生
「ドライアイ診療に紛れ込んでいる眼瞼痙攣症例への対処」
   鶴見大学歯学部附属病院  眼科准教授  後藤英樹 先生

1069
【特別講演】
座長 敷島 敬悟 先生 東京慈恵会医科大学 眼科 教授

眼瞼けいれんの軽症例と瞬目
演者 若倉 雅登 先生
済安堂 井上眼科病院 院長

1070
共催:神経・筋疾患に関するボツリヌス療法懇話会/グラクソ・スミスクライン株式会社/わかもと製薬株式会社

(眼瞼けいれんのデータは家の患者さんなのですが、発表の所属は医科歯科大学にしておく方が良かったですね。)

Categorised in: 未分類