お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年5月19日

1431:200公立病院で医師が賃上げ要求スト ドイツ各地、無期限ストの可能性も。

ドイツ医師のスト
200公立病院で医師が賃上げ要求スト ドイツ各地、無期限ストの可能性も。
数年前(2006年ころ)にもドイツの医療関係者のストが話題になっていましたが(記事元)、ドイツではまた公立病院の医師のストが始まる模様です。

武見太郎
日本では武見太郎日本医師会長の時代に保険医総辞退などという事態が有ったかと思いますが、私が医師になってからはそのようなことは聞きません。ストをすれば医療崩壊が止まるというわけではありませんが、医師会の幹部もどちらの党におもねるかという競争を超えるものはなく、医師の世界がまとまって居ないとも感ずるこの頃です。

3流

 私は、敬愛する若倉雅登先生の”3流になった日本の医療”(この本の記事)という本の主張もその辺りかと理解していますが。まずは記事をご覧ください。

ーーー引用開始ーーー
10/05/18 記事:共同通信社

 [ベルリンAP=共同]ドイツ各地の約700の地方公立病院のうちほぼ200の病院で17日、約1万5000人の医師が賃上げや労働条件の改善を要求してストに突入した。ストは今週末までの予定だが、労組側は市町村当局の対応次第では無期限ストになる可能性があると強調した。

 ドイツの地方公立病院は全病院のほぼ3分の1を占め、約5万5000人の医師を雇用している。労組は5%の賃上げを要求しているが、当局は2・9%の賃上げと夜勤および待機手当ての支給を回答している。

 スト中も全病院が最小限の医療サービスを行うことになっているが、労組側は大学病院、民間ないし教会経営の病院で治療を受けるよう患者に呼び掛けた。DAPD通信は労組代表の発言として、ストは患者に被害を与えることが目的ではなく、5%の賃上げ要求が完全に実現しなくてもスト収拾に合意する可能性があると示唆した。
ーー引用終了ーーーー

清澤のコメント:

200病院というと少なく見えますが、日本に置き換えてみれば各県4病院くらいですから影響は少なくはないでしょう。単に給与が安い~待遇を改善しろという意味でのストなのかどうか?

裏づけは取れてないですが、この記事に続くコメントを見ますと、一人の医師に700人までの医療保険は通常に支払うが、701人以後では払わないと言った強引な総医療費抑制策(総バジェット制限)も取られているようで、それに対する反発も強い様です。

そのような事態になりますと、病院が効率よく仕事をして病院の収支を改善し、従業員の待遇も良くして行こうという道までもが閉ざされますから、状況は一層困難になるでしょう。日本でそのようなことが始まらぬことを願います。

 医療業界は美容形成外科やレーシックなどの私費医療だけを行っているセクション以外の通常の医療機関では、国(公共)の支払いに依存する部分が多いので、ホテル業界や商業業界のように”金持ちだけを相手にする”というわけにはゆきません。ですから医療費の設定に関する議論も当然、”国民の福祉には何が最も良いか?”という立場で行われなくてはならぬ訳です。未熟な私などからしますと、本音ではなく建前上で議論が行われているという、この辺のところが話を一層難しくしています。

Categorised in: 未分類